サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちはバイタルエリアにボールを届けたい。

今回は

らいかーると

てんかーて

の会話形式で今回はお送りいたします。

らいかーると「さて、今回はバイタルエリアへのボールの届け方を二人で考えていこうと思います。」

てんかーて「バイタルエリアという言葉自体が世界で存在するか(・・; ですが、まあそこは置いておくとしましょう。」

らいかーると「存在しない言葉の定義をするのはめんどくさいので、相手のDFとMFの間にボールを入れるとしましょう。最近流行っている言葉ですね。てんかーてさん、もともとこの動きはどこから生まれたものなのでしょうか?」

てんかーて「オランダではトップ下に配置された選手が行っていたプレーです。ただ、世界的に広まったきっかけはセスク・ファブレガスでしょう。アーセナル時代のセスクファブレガスはこの動きを得意としていました。特にプレミアリーグのCBはポジションを守る傾向にあるので、いわゆる浮いたポジショニングを捕まえることをしなかった、というよりは培ってきた習性からできなかった。なので、効果的に機能していたと」

らいかーると「習慣は最大の武器とは上手く言ったものですね。」

てんかーて「この場合はその習慣がおもいっきり足を引っ張っているんだけどね」

らいかーると「その流れを加速させたのが、ロナウジーニョのゼロトップですな。さりげなくメッシの前にチャレンジしているんだけど、みんな忘れているよね。トッティのゼロトップも自らのプレーエリアを離れるという意味では、根っこの発想は同じような気がするけどね」

てんかーて「では、それに対抗する守備戦術について説明しておくれよ」

らいかーると「よく見られたのが人海戦術方式だね。3バックにして、中央のエリアを空けない。2バックだと、中央で独りぼっちになってしまうからね。SHを下げて5バックにしたり、CBを3枚並べたりと、手法に違いはあったけれど、浮いた選手を捕まえるために人を増やしてみました(*ノω・*)テヘ というのは良く見られたよね」

てんかーて「他には中盤の枚数を増やす形の人海戦術も見られたね。これは3セントラルにすることで、選手同士の間を通されないようにするのが狙いだね。選手同士の間のスペースを日本ではギャップって言うけれど、世界ではなんて呼んでいるんだろうね。この特徴は4-1-4-1よりも、4-5-1で5人が横並びになるのが特徴だね。」

らいかーると「人海戦術を離れると、スペース管理だね。おもいっきりサイドを捨てる。なので、4-4の中央ブロックが中央に密集することで、同じように選手の間にパスを通させないようにする。DFラインを上げて、DFとMFの間のスペースを消すのもスペース管理の一つだと思うね。」

てんかーて「ちなみに、相手のライン間でボールを受けることをスペインではえんとれおりあねすとか言うらしいよ。ぼくはスペイン人ではないから、発音があっているかどうかはわからないけどね。」

らいかーると「えんとれおりあねすか。まあ、ようは相手のライン間でボールを受けるだから、さっきからしゃべっているDFとMFとの間でボールを受けるのと同じ動きだね。でも、大切なことは相手のFWとMFの間でまずはボールを受けることなんだけどね。だってさ、いくら良いポジションにいても、出し手の準備ができていなかったら。絵に描いた餅だからね。」

てんかーて「机上の空論ともいうね。守備戦術の対抗に時間管理というのもあるんだよね。これは平たく言うと、高い位置からプレッシングをかけまくること。できれば、GKまで襲いかかりたい。それはちょっといいすぎかな。相手がボールを離さないとヤ・バ・イぞ!というくらいの圧力を相手にかければ、相手から思考の時間を奪うことができる。これが時間管理だね。」

らいかーると「それらをなんとなくまとめてみようか。いわゆる相手のライン間でボールを受ける選手を潰す形。これはセリエAで流行っているような気がするね。次にパスコースを消すやり方。そして、最後がそもそもボールを持たせなければいいじゃんという考え方だね。どれがいいってのは相手と味方の選手を比較して決めるべきだろうね。ドルトムントなんかは走りに走ればいいけど、レアル・マドリーはそんなに走れないだろうしね。」

てんかーて「じゃ、そろそろどのようにボールを届けるかという話に移っていこうか。これもだいたいは2つしかないんだよね。わかる??」

らいかーると「中央とサイドからでしょ。それくらいはわかるよ。バルセロナでは基本的に中央からしかやらなかったけれどね。」

てんかーて「どっちのほうが簡単というのはないんだけどね。最初にサイドのほうから説明してみてよ。」

らいかーると「DFラインとボランチで横幅を使ってボールを循環させながら、SBをフリーにするんでしょ。そして、フリーなSBからサイドに開いたSHにボールをつける。で、そのSHが中央にボールを入れるで完成だね。」

てんかーて「注意点をまとめよう。SBにボールが入った時のSHのポジショニング、後方のボール循環でSBをオープンに出来るか、そして、SHへの中央の選手のサポートのタイミングだね。横パス→縦パス→横パスと連続すると、まあ相手はついてこれないだろうね。」

らいかーると「中央はてんかーてが説明しておくれよ」

てんかーて「ビルドアップ隊を自由にする。運ぶドリブルで相手を中盤の選手を引き出して、フリーになった選手にボールを届ける。」

らいかーると「その説明は単純すぎやしないかい?」

てんかーて「基本はこれだよね。ゾーン・ディフェンスの前提がボールホルダーにプレッシングを与え続けることだから、その状況を打破することが最初の一歩だよね。ボールホルダーの前に相手が立っていないことをオープンな状況と言うよ。最近はこのオープンな状況を作るための手法が乱立している印象だね」

らいかーると「2CBとワンアンカーでどうにかなりそうなんだけどね。懐かしの言葉を使えば、3バックポゼッションでしょ。いつのまにかアマチュアでも行われる手法になったけれど、中盤がCBの間に落ちて、3バックに変化するやつね。」

てんかーて「相手のプレッシング隊の枚数に応じて、ビルドアップ隊の枚数を調整するのが最近の流行になりつつあるからね。やっぱり人数が多いと強いというのはぶっちゃけた話あるよ。オレが何人寄せればいいねん!!という状況になれば、相手の心はへし折れるからね。」

らいかーると「バルセロナでもよくやったもんね」

てんかーて「グアルディオラもゼロトップで中盤の数的優位からのって攻撃がメインだったもんね」

らいかーると「いや、そっちじゃなくてさ。相手のFWとMFの間の話だよ。」

てんかーて「ああそっちか。」

らいかーると「相手が中盤に枚数を増やしてきても、限界は3人でしょ。中盤に4枚集めてきたらサイドを使えばいいし。だから、こっちは狭いエリアでも4人を横に並べる。そうなると、飛ばしのパスを使えば、オープンな選手はできるんだよね。その一瞬の間を使って、相手のライン間にボールを入れる。受け手と出し手だけの状況でそれらが成立すればいいんだけど、みんな一生懸命に守備を固めてくるからね。」

てんかーて「枚数が足りないよ攻撃に対してはサイドに誘導するか、シメオネのように4-6-0でしのぐか、ドルトムントのように時間を高速化させるしかないのかね。ただ、サッカーはロースコアのスポーツだから、そのままでもしのげちゃうことは有ると思うけどさ。」

らいかーると「今のところはそんな感じだよね」

てんかーて「最近で面白いなーってチームはある?」

らいかーると「レアル・マドリーは面白いよね。5バックみたいな形になって、相手のSBの裏と相手のライン間を上手く攻略出来ていると思うよ。あそこまでポジションを動かす必要があるのかってのは疑問だけど、そこまでしてオープンな状況を作りたいって考えなんだろうね。ユベントスみたいなミスマッチ型の考えだと思うよ」

てんかーて「ぼくはやっぱりバイエルンかな。バルセロナに比べたら、まだまだポジショニングとか中央突破の精度がいまいちだけど、そのぶんいわゆるサッカーの定石をバルセロナのサッカーに混ぜているような印象を受けるからね。グアルディオラは相も変わらずに机上の空論を現実なものに落としこむところが凄いよ。怪しさはまだあるけどね」

らいかーると「Jリーグは今週から開幕だね。注目しているチームはあるかい?」

てんかーて「まだ、試合を観ていないんだから、注目もへったくれもないよ。試合をひと通り見たらだね其の答えは」

らいかーると「そうだね。ではまたそのときに。」
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

インテグラルトレーニングのまとめその2

さて、またもミゲル・ロドリゴの講習会に参加してきました。

最初はちっこい会議場だったのに、どんどんと会場がグレードアップしていくのが印象的な講習会でもあります。今回のテーマはインテグラルトレーニングだよ!ということで、今回の講習会で得た情報を書いていきます、淡々と。

最初の今までの勘違いです。

以前にインテグラルトレーニングを解説したときにこんな風に書きました。


インテグラルトレーニング=技術+戦術+フィジカルの3要素に、認知力&集中力、注意力&決断力&モチベーション。

これがインテグラルトレーニングだと。

でもね、これだけでは足りないのだというわけで、さらに項目が加わりました。

技術+戦術+フィジカル+認知力+決断力+集中力+モチベーション+守備戦術+攻撃戦術+ゲーム戦略+相手+ピリオド

それぞれの語句について解説が必要そうなのは解説してみます。

認知力はピッチで起きていることを読解する能力です。

注意、集中力はピッチで起きていることを過不足なく見逃すこと、現時点で自分たちがどのような状況におかれていて、次にどのようにすべきかを考えること。

それらの能力を用いて、自ら決断することを決断力。

モチベーションは監督の声掛けをもって行われます。声掛けの特徴は答えを言うよりも、励ますことのほうが多いです。ピリオダイゼーションでもそうですが、ボールを使って選手を走らせる場合は、走れ!!というだけで本当に走りますからね。

攻撃戦術:チームの方向性とあっていますか?となります。フットサルで言えば、クワトロ?ピボ?偽ピボ?サッカーで言えば、サイド攻撃?ポゼッション?カウンター?トランジッション??

守備戦術:チームの方向性とあっていますか?となります。例えば、プレス開始ライン?ゾーン・ディフェンス?マンツーマン?ミックス??

相手:どんな特徴をもった相手を想定して練習しているか。リーグ戦が日常化している場合は次の相手をイメージ出来ているか否か。

ピリオド:いつの時期?プレーシーズン、シーズン開幕、中盤、最終盤で練習メニューは変わってくるだろうということ。

これらの要素をトレーニングにすべてぶち込んでくださいというのが主旨です。とっても大変。なお、ゲームの一部分を切り出してトレーニングを行うので、トレーニングはゲームの相似形といえるようです。いわゆる、フラクタールというやつですね。

対象年代は関係ないです。対象年代によって、プレーの強度の調整は必要ですが。なお、バスケット、ハンドボールではとっくに行われているようなので、この競技の専門的トレーニングですということはありません。

トレーニングのコピーをしても、このような背景を理解していないと意味がありません。なので。トレーニングを因数分解できて、初めてトレーニングをコピーする資格が得られるとも言えます。

ミゲル・ロドリゴはドリルトレーニングを嫌っています。なお、フットサルのインストラクターはドリルトレーニングだって必要じゃんと影でこそこそ言っています。その辺りの話はまた次回に。

で、次にインテグラルトレーニングの種類についてです。以前にまとめたものが意外に優秀なんですね。

プレープラクティス:前中後を設定し、中にフォーカスすること。注意点は必ずフィニッシュを入れること。
自分たちのプレー動画を観て、改善ポイント、頻繁に繰り返される現象を中に設定すると良い。
ただし、フィジカルの要素を忘れて設定してしまうことが多いので、気をつけること。具体例は前のまとめを見てください。

ゲーム課題:前中後のような一連の流れをきる。ただし、連続的なトレーニングになり、役割の変換、攻守の切り替えが頻繁に起こるようなメニューとなる。なお、別にフィニッシュの要素を必ず入れる必要はない。

フィニッシュする⇔させない

前進する⇔前進させない

保持する⇔保持させない

連続的なトレーニングという意味をもうちょっと突っ込んでみると、フィニッシュする⇔させないで考えてみましょう。フィニッシュさせない側はボールを奪ったら、フィニッシュ側になる練習が多いです。これは役割の変換。なので、延々と続きます。守備したり、攻撃したりががんがん入れ替わるので、連続的なトレーニングとされるのでしょう。

で、これが一番の驚きだったのですが、まさか鳥かごがインテグラルトレーニングだったとは。まあ、どれがグローバルでインテグラルトレーニングでっていうのはあんまり気にしないほうが良さそうなんですけどね。ちなみに、棒立ちの鳥かごはインテグラルトレーニングではないとなると思います。恐らくは。

ミゲル・ロドリゴ流の鳥かご(ルールが超複雑なので、注意力、集中力が試されています)

4対2(フットサルコート)
1.味方同士でボールを◯本繋ぐ前に、必ずセンターラインを越えて移動すること
2.センターラインを越えるときの制限。ex パスのみ、ドリブルのみ、浮き球のみ、足の裏のドリブルのみとかとか
3.他のグループにボールをぶつけたら交代。
4.タッチ制限

同じフットサルコートで5組くらいが同時に行います。

鬼のルール
1.ボールを奪ったら味方同士でパス交換
2.ボールを奪ったらフットサルコートにある2つのゴールのどちらかに攻める。ゴールが決まれば鬼が交代
3.ボールを回している選手がルールを無視していないか監視

ゲーム課題ってのは最初のフィニッシュさせないとかが課題になるのかと思っていたのだけど、そうではないようで。例えば、ボールコントロールが課題だなとなれば、このような練習で行う?というわけで、いまいち理解できていません。ゲームに近い形で行うってのは分かるのだけども。

課題:えんとれおりあねす(?)
フットサルコートで4対4+GK。ただし、自陣と相手陣地で2対2になるように設定する。必ずGKからボールを始める。ボールを保持しているチームは1人だけ自陣に降りてビルドアップを手伝って良い。


実際のゲーム
ルールのない遊びのゲームはダメよ!!というのが重要なところになります。

1.ルールの変更
例えば、ゴールを決めたら攻める方向が逆になる。むろん、キック・オフでなく決められたゴールのキーパーからすぐに試合を始める。

2.プレーヤーの役割をかえる
持ちすぎるから、お前は3タッチだ!

3.得点のシステムの変更
うちのチームはカウンターがダメだからカウンターで点を決めたら100点ね。

4.時間、スコアとの戦い
うちのチームは逃げ切るのがヘタだ。なので、一点リード、残り5分から試合を始めます。

5.審判との戦い
うちのチームは理不尽な判定に弱いので、審判に理不尽にさせる。

ゲームの種類は条件付きゲーム(1.2.3)と適応ゲームともモゲルゲーム(4.5)が有ります。

適応ゲームだけよくわかりませんでした。意味としては、有る特定の目的要素を繰り返す強化するために、ゲーム構造を修正することです。

というわけで、今日は自分のメモったことを羅列しました。

ここは違う!という場合はコメントをお願いします。

2014年:Jリーグの順位みたいなものを予想してみようのコーナー PART2

さて、後半戦です。

清水エスパルス

積み上げてきたものをスクラップしてビルドしての繰り返しをしていた印象の清水エスパルス。今年はスクラップしなかったよ!!!ということで、非常に期待の高まるシーズンである。本田、大前が帰ってきたのは言うまでもなく、高木弟を獲得したのも大きいだろう。引きぬかれたのも和製アンリくらいである。これで結果を残せねば、名将の看板を下ろさなければいけないゴトビ。不安なのはDFラインくらいだろうか。そして竹内くんは試合に出られるだろうか。

というわけで、7位以上。

アルビレックス新潟

こちらもスクラップしなかったよ!というわけで、非常に注目のあつまるアルビレックス新潟。でもね、守備だけじゃ波乱は起こせても優勝はできないの。優勝ができるなら、ベガルタ仙台が優勝していると思うの。というわけで、さすがに優勝はない。だから、ポゼッションといいたいけど、いきなりポゼッションを成功させられる監督って日本にいるのだろうか。まさか変な色気はださないだろうけど、そのあたりのバランスをどのようにするかが鍵になりそうである。

というわけで、7位以上。

名古屋グランパス

よくわからなかった妖精はいなくなりました。そして浦和出身の西野監督が登場です。さすがにここでしくじっては次がなくなるかもしれんというわけで、不退転の決意をしているのは間違いないでしょう。

DFラインに関しては、本多、牟田、指定強化選手の目処がついたと信じたとしても、全体的に西野監督が志向するサッカーをするメンバーがいるかどうかと言われると、なんとも言えない。ただし、ポテンシャルが尋常でない若手はたくさんいるのよね名古屋グランパス。

磯村、田鍋、刀根、松田、小屋松、杉森、望月。彼らが成長爆発させれば、色々な可能性が考えられるのだけど、そんなに上手くまわるのだろうかというのが色々。さらに、前線のケネディ、玉田が一年間稼働するかどうかが微妙。稼働しないならしないほうが若手は成長するかもしれないけれど、中途半端なコンディションでも優先的に試合に出るようだど、厳しい。

というわけで、若手の覚醒待ちというきっつい状況なので、二桁順位になるのではないかと予想。これって昨年と同じじゃんというわけで、残留争いに足を突っ込むと予想しておきます。

ガンバ大阪

J2は観ていないので、わからないの。なので予想のしようがないの。守備組織は整えたって聞いているけど、J2だもん。選手が大幅に入れ替わっているわけでもないので、非常に何とも評価にしにくい。

というわけで、真ん中。

セレッソ大阪

非常に注目を集めているけど、ポポビッチである。FC東京をワン・ツー地獄に追い込んだポポビッチである。クルピの財産が有るうちはいい結果が出るだろう。しかし、ポポビッチの影響力が強くなっていくうちにピッチの現象がどんどんおかしくなっていき、最終的にはわけのわからない光景が繰り返されることは間違いないだろう。なので、前半戦はさすがセレッソ!!みたいになるけど、だんだんあれれ???みたいな結果になることは間違いない。

というわけで、ACL圏内には入れないと予想。

ヴィッセル神戸

こっちもJ2だ。でも、サポに知り合いがいるの。サポ曰く、わけのわからないうちに昇格が決定した。だから、レベルアップしているわけではないから、降格すると思う。でも、森岡がブレイクしたので、彼がどれくらいできるかな?らしい。

というわけで、残留争いをぎりぎりまで演じそうと予想

サンフレッチェ広島

広島はフロントが優秀な印象。選手を抜かれても、しっかりと代役を連れてくる。準備万端。ここまで用意周到だと、浦和とタッグを組んでいるのではないかと邪推してしまう。もちろん、そんなわけはない。ゼロックスはまだ観ていないのだけど、どうやらミシャスタイルからの脱却を図ろうとしているらしい。というわけで、不安要素が消えた。そして、昨年は捨てたと揶揄されたACLの呪いに関しては、下の世代が地味に育ってきている。なので、彼らが結果を残せば、ちょっとおもしろくなりそうである。

世代交代も含めて、今年が広島の時代が延々と続くかそうでなくなるかの分岐点となりそうな気がする。まあ、すでに時代を作ったと言っていいんのかどうか。やっぱり3連覇したらそう言えるのかもね。

というわけで、予想はACL圏内。

ヴォルティス徳島

出たよJ2。選手名鑑を眺めると、知っている選手がズラリ。松井、千代反田、行方不明だった福元、伝説の橋内、などなど。そして、レアンドロ・ドミンゲスの弟はいるし、試合に出るかわからないけど、花井もいる。なんか応援したくなる面子なので、ぜひとも残留して欲しいという淡い希望。予想でなく、希望。

サガン鳥栖

昨年の後期の大躍進である。大躍進の立役者がそろって残留を決めている。この時点で非常に期待が高まる。そして、野田が抜けたけれど、岡本が帰ってきた。ポジションは違えど、後期の勢いは持続できそうな気配が濃厚である。となれば、順位も中位以上とするのが妥当なところだろう。

というわけで、中位以上と予想。

では、これらをまとめてみよう。


上位グループ:FC東京、広島
ACL争いを含めて団子集団:浦和、仙台、柏、川崎、清水、新潟、鳥栖、セレッソ
降格の心配はないけれど:マリノス、ガンバ
残留争いに巻き込まれそう:名古屋、鹿島
残留争いをしのぐわ:大宮、甲府、徳島
ごめんなさい:ヴィッセル

順位は無理。

ではまた。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

2014年:Jリーグの順位みたいなものを予想してみようのコーナー PART1

さてさて、講習会のことはひとまずおいていて、占いみたいなものを僕もやってみようと思います。試合展開の予測ならば、多少はなんとかなるかもしれないけれど、順位予想は単なるお遊びだからね。しかも、順位予想みたいなものと曖昧にしてあるからね。曖昧にして逃げているのではなく、この世は不確実性であふれていることを表現したかったのなんてことはまるでない。

ベガルタ仙台

手倉森監督の離脱!が最大のニュースそうなベガルタ仙台。昨年のベガルタ仙台はACLの呪いとポゼッションの呪いに取り憑かれ、グアルディオラがビジャを潰したように、手倉森監督が赤嶺を潰しかけた印象が強い。あれだね、ポゼッションなんて最初からいらんかったんや!って言いたいけど、ずっと相手にボールを与えるサッカーを続けていると刺激が欲しくなるのよね。なので、しょうがないといえばしょうがないのだけど。

で、今年。オーストラリアから監督がやってみた。そんなコネが仙台にあったとは。プレシーズンの情報は全然ないんだけど、いきなり突拍子もないことをするとは考えにくいので、原点回帰が濃厚。そうなると、あのときのベガルタ仙台が帰ってくるのではないかと勝手に期待している。しかも、ポゼッションを経験したことで、そこそこに繋げるようになり、戦術の選択肢も増えているだろうで、今年は中位からACL争いくらいになるのではないかと予想。武井、二見、八反田の補強は地味に効いていると思うよ!!

鹿島アントラーズ

気がつけばACLもなくなった鹿島アントラーズ。そして、絶対的な存在である大迫がいなくなってしまった。これはまずい。補強を眺めても、リアクションが非常に難しい。赤崎や杉本太郎のポテンシャルは異常なのは間違いないんだけど、さすがに大迫の後釜には厳しい。昨シーズンを思い出してみると、スタメンや選手配置もなかなか定まらなかった。若手かベテランか。ジュニーニョ&野沢か、土居&遠藤かみたいな。そして、ボランチ軍団で形成された中央のCBとDHコンビでもボールを上手く運べない現象。これは間違いなく監督の設計が悪い。

というわけで、今年は中位から残留争いに片足を突っ込むようなシーズンになると思うよ。

浦和レッズ

こちらも気がつけばACLがなくなった浦和レッズ。あっさりとミシャスタイルに染まったかとおもいきや、それをさらに進化させてミシャスタイルZになったのはお見事だった。設計図は間違いないんだけど、守備はどうするの?とかそもそもそんなにポジションを移動させる必要あるの?と疑問が尽きることはない。

補強は相変わらずえぐい。様々な選手の個性の差をどのように采配で監督が操れるかが鍵になってきそうなんだけど、そういうの得意ではない印象がある。なので、今年もミシャスタイルから試合中にいかに脱却できるかというよくわからない苦行が強いられそうな浦和レッズであった。守備はいじっていると聞いているけど、まるで信用していない。

というわけで、今年は中位からACL争いくらいに位置すると思うよ。

大宮アルディージャ

昨年はまさかの失速を見せてくれた大宮アルディージャ。そして、監督に大熊さんが登場。まだそんな野心が残っていたのか、、という意味で非常に驚きを与えてくれた大熊さん。ちなみに、浦和出身です。浦和出身なのに、大宮アルディージャの監督に就任するとは大丈夫なのか大熊さん。でも、息子はFC東京ユースにいる。

なお、補強はよくわからない。大熊さんが何を考えているかわからない。大学時代から注目していたトミーが日本人監督になってから出番を失いまくった現象もよくわからない。つまり、謎なチームである。

というわけで、今年も最後の勝利給によって、残留を成し遂げるのでないかと予想。

柏レイソル

昨年はACLを本気で取りに行ったので、BEST4。Jリーグとの両立はやっぱり無理だったけど、ナビスコの強奪に成功。こうして、勝者のメンタリティーの継続に成功した。で、今年はACLがない。なので、優勝候補の呼声も高いイメージが有る。

でもね、優勝した時の柏レイソルって酒井宏樹&レアンドロ・ドミンゲスコンビが半端無かった身体と思うの。ヘスス・ナバス&ダニエウ・アウヴェスくらい半端なかったと思うの。で、それ以来は右サイドの補強が進んでいない印象なの。それで、レアンドロ・ドミンゲスの守備の気まずさが目立って、システムを変更したり、ミシャ式を取り入れてみたりと個人的には、どこに向かっているんだ?という印象が強いの柏。

なので、中位からACL争いってところかなと思うの。酒井宏樹をレンタルで獲得できたら優勝できると思うよ。

FC東京 

これは戦争なんです。イタリア人と日本人の戦争なんです。かつて日本人はイタリア人にフルボッコにされました。これが俗世間で言う、日本人はディアゴナーレを知らない戦争です。この戦争によって、日本人の守備組織の未成熟さは世界に明らかになりましたとさ。

そして時はたち、今じゃザッケローニが代表監督。もうディアゴナーレは知っています、覚えましたと右手を振り上げなら日本人は歌うことができるか。そんな戦争なんです。なので、この戦に勝って欲しいので、FC東京には初戦からがっつり機能して欲しい。特殊型のマッツォーリから定石型のベニテスへの変化なんて一瞬だったじゃん。チームつくりに時間がかかるなんて真っ赤なウソなんだ。浦和だってすぐにミシャスタイルに染まったでしょ?

というわけで、ACL圏内は確実と予想させていただきます。

川崎フロンターレ

まさかのACL出場が確定。やっひーが手を抜くわけもないので、ACLの呪いの発動は決定的。でも、怪我人で選手が抜けてものらりくらりと昨年はかわしていた印象。大久保がいなくなった記憶はないけれど、レナト、中村憲剛がいなくなっても、まあ何とかしたよ!というのはACLの呪いに対しては機能しそうである。

でもでも、順位が上にくれば研究されてしまうのも現実である。横浜F・マリノスの研究はほとんど終わっているので、広島と川崎はスカウティングされまくるのではないかと勝手に予想している。そうなると、疲労とスカウティングのダブルパンチでACL中はやっぱりきっついのではないかと。後半戦は怒涛の勢いを見せそうなんだけどね。

というわけで、6位以上。

横浜F・マリノス

昨年は優勝候補に上げたのだけれど、それをつぶやいたことでフラグ発動となってしまいました。誠に申し訳ありません。というわけで、横浜F・マリノス。天皇杯を優勝したことで、終わりよければ的な感じで昨シーズンを終了。樋口監督になってこれがマリノスのサッカーですとわかるようにしようというのが目的だったらしい。まるで、日産のゴーンの発言を観ているかのようだ。で、そのサッカーはマルキーニョス、俊輔がいることを前提としている。で、マルキーニョスがいなくなった。ついでに其のサッカーが相手に研究されまくった。ならば、変わるとき、またはアップデートが必要なんだけど、その気配は聞いた限りではまるでないらしい。

そうなると、昨年の失速&ACLの呪いで前半戦は死んだも同然。頑張っても4位ではないかと思う。

というわけで、予想は中位。佐藤、兵藤を解き放てば、面白くなりそうなんだけどね。

ヴァンフォーレ甲府

昨年は現実的なサッカーで見事に残留を果たした我らが城福。心を動かすのもムービングサッカーという合言葉が印象に残っているが、パトリックを放出して、クリスチャーノを獲得。あれ、心じゃなくて選手を動かす気配が出てきたぞと誰もが怪しんだのは言うまでもない。ジウシーニョもいるので、色々と仕掛けられそうなんだけど、その色気をどこまで出すのかが注目されている。ただ、昨年の成功体験からいつか帰るところがあるのは心強い。なので、前半戦で結果がでなければ、伝家の宝刀を抜くのではないかと思う。

というわけで、予想は残留できる。

前半戦は以上。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

ゼロセントラルとゼロトップ

 マンマークにしろ、ゾーン・ディフェンスにしろ、担当するプレーエリアというものが基本的に決まっている。例えば、CBがメッシのマンマークを命じられたとする。メッシがバルデスと試合中に世間話をしにいったとして、そのCBもその会話に参加すべきか否かというお話である。むろん、試合中に世間話などもっての外である。

 マンマークにしろ、ゾーン・ディフェンスにしろ、自分の近くにいる相手を観ましょうという約束事がある。真後ろに相手がいるならば、後方を二度見しながら、パスコースを消す必要が有る。何の事はない、つまり、なんとなくオレはこいつを観るべきだという対象がいるというお話である。試合中にマッチアップの相手がいつも違うよ?という現象に遭遇することは、恐らくオリンピックよりも少ない。

 ゼロトップはこの基準点をなくす手法である。相手のCBの基準点をなくし、他の選手の基準点を増やすことで、時間とスペースを得ようという考え方である。しかし、ゼロトップ対策として、人海戦術に寄るマンマーク、FWからDFの距離を極限までに圧縮させるスペース管理が生まれている。なので、しっかりとお勉強している監督のチームを相手にすると、なかなか苦しくなってしまうゼロトップというのが現状である。

 ここで登場したのがまさかのゼロセントラルである。アンチェロッティのレアル・マドリーは相手の中盤のセントラルコンビの基準点をなくすことで、他の場所に数的優位エリアをつくろうとした。これが国王杯のファーストレグで起きた現象になります。

 そのポジショニングのネタは、SBを上げる。SBの位置周辺にDHを流れさせるというお決まりのネタです。ちなみに、シャビ・アロンソもDFラインに落ちたり、上がったりと上下動をしたりします。これを両サイド同時に行うことで、相手の中盤の選手のプレーエリアの外でDHがプレーする状況が成立します。なお、SHとSBが上がっているので、相手のSHとSBはその対応に追われています。これが俗世間で言う、私が3人目だから現象になりますね。

 もちろん、時には中央にいたりしますよ。これは常識の中で考える自由な部分になります。基本はサイドだけど、本来のポジショニングが適切だと判断したら動けと。モドリッチはこの裁量を楽しんでいるように見えます。

 4-4-2の理論で対応できないのかとなりますが、ちょっと難しいです。シャビ・アロンソさんがいるので、前線は数的不利状態にモドリッチとディ・マリアまでいます。すでに数的同数のサイドの選手が出てくると、数的不利になるサイドにボールを展開され、中央の選手が前に出てくると、中央に大穴があき、そこにはベンゼマ、または両SHの選手が侵入してきます。そのスペースをスーパースライドアタックで対応しようとすると、後方の数的有利を利用して、サイドチェンジンの嵐です。そのボールの受け手がクリスチャーノ・ロナウドですから、やってられないでしょ??

 なので、セカンドレグのシメオネさんはそんなゼロセントラルに対して、4-5-1の3セントラルで対抗しました。レアル・マドリーはゼロセントラルにゼロトップで対抗。恐らく、アンチェロッティの計算はモドリッチたちを捕まえに来た相手選手のあけたスペースをイスコに使わせたかったのでしょう。

 そうは問屋がおろさないシメオネ。ゼロセントラルに3セントラルという基準点なんてそんなの関係ねーとばかりに試合に挑みます。

 何が起きたか?

 ピッチの横幅を5人でカバーすることによって、スライドが間に合います。つまり、中央の選手がサイドに逃げたモドリッチたちを捕まえに行っても中盤の枚数は4枚です。なので、サイドチェンジされても何とかなりますし、そもそも中央のスペースがあきません。その代わりに、レアル・マドリーのCB付近は豪快に捨てます。なので、シャビ・アロンソが下に降りても人数の無駄使いになります。その代わりに、CBから質の高いボールが出てきますが、後方で待ち構えていればどうにかなります。

 という算段です。この計算はなかなかうまく行ったのですが、前半のうちにPKを2回も取られて、ファーストレグも合わせると一気に5-0です。これはオワタということで、試合の結果への興味はなくなりました。もともと、アトレチコ・マドリーは試合出場機会の少ない選手を多めに起用していたんですけどね。

 この試合で大切だったことは、レアル・マドリーのゼロセントラルに対して、シメオネがしっかりと対策をねったことに有ります。しかも、地味に機能していました。ファーストレグほどにレアル・マドリーが効果的にボールを保持できていませんでした。それがこの逃げたボランチを捕まえる鬼ごっこの整理に成功したことに有ります。ま、アトレチコ・マドリーも攻めないと行けなかったので、ボール保持率が上がったのかもしれませんけどね。

 そんなところで、今回は終了です。結果だけを見ると、ああって感じですが、シメオネの復讐は近いうちに達成されそうだなという感想でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルを比べてみよう

 さて、とうとう発見されてしまった当ブログですが、アクセス数はあちらに比べると、雲泥の差です。なので、こちらは好き勝手に書き散らしていくブログになります。本日はミッドウィークに行われたマンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの試合から色々と考えてみようのコーナーです。

 ちなみに、試合はスコアレスドローの引き分け。首位奪還のチャンスだったアーセナルからすると、ホームで3ポイントを獲得できなかったのは痛いだろうと。優勝を目指すなら、相手がマンチェスター・ユナイテッドだろうと、そんなの関係ないだろうからね。

 マンチェスター・ユナイテッドは自陣に撤退して守備を固めることを長所としていました。この戦い方は相手にボールを受け渡すものなので、最近の主導権を握って時空間をコントロールするの!という流れからは逸脱している。なので、長所としていましたと過去形で書いたんだけどね。ちなみに、アーセナル戦では伝家の宝刀である自陣に撤退で守りきりに成功したのだけど。

 欧州の舞台でマンチェスター・ユナイテッドは勝ち残るんだけど、トラウマの残るような負け方を何度かしているのね。相手はミランだったり、バルセロナだったり。なので、彼らと互角に戦うには伝家の宝刀と決別し、自分たちもときには主導権を握れるような戦い方をすべきなのではないかという方針で近年はチームを強化していました。なので、香川を獲得したり、もういないアンデルソンを獲得したりしたのよね。

 で、そういうサッカー、主導権を握るようなサッカー、まあポゼッションサッカーって言っちゃっていいと思うんだけど。そのサッカーに必要なことの一つに狭いスペースを狭いと認識しないってことにあるのよね。これは受け手と出し手に共通することなのよね。つまり、この狭いスペースでもボールを受けれます→これが相手の隙間でボールを受ける能力に繋がる、狭い隙間にもボールを通せます→シャビ・アロンソ、ブスケツ的な能力というよりは、勇気!?が必要になります。まあ、超単純化しているんですけどね。

 マンチェスター・ユナイテッドの選手を眺めていると、前線はそういうことができそうな選手が多いです。特にこの試合でのマタはさすがでした。で、問題は後方です。ロングボールは蹴ることができるのだけど、狭いスペースうんぬんの話を思い出すと、必要なのは短いパスのお話になります。また、自陣に撤退するしかないというのは南アフリカの日本代表と同じです。つまり、CB。リオ・ファーディナンドとビディッチ。この二人はようど移籍の噂があります。間違いなく功労者なんですが、この位置にダンテとフンメルスがいれば、もうマンチェスター・ユナイテッドのサッカーは様変わりするでしょう。

 というわけで、マンチェスター・ユナイテッドのCBに誰が来るかでサッカーの質は変貌していくでしょうというお話でした。むろん、中盤にも選手がほしいんですけどね。

 ちなみに、アーセナルは狭いスペースを狭いと認識しない選手だらけで、マンチェスター・ユナイテッドのフロントは羨ましなくなったであろうと思います。さて、今後がどうなるか。デヘアも繋げるタイプなので、あとはCBです。ここに63億円を投入していれば、、、というのは後の祭りでしょう。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

西ヶ丘で東京都のトップレベルを堪能してきたというお話。

さて、今日は西ヶ丘にU13の決勝戦、U17の3位決定戦と決勝戦を見てきました。なお、U17の決勝戦は途中で自分が退場してしまったのだけどね。

全体を通しての雑感になりますが、その前に、何に注目していたんだお前はという話から。

最近の僕は勉強の塾の真似事を始めました。久々に教科書というものを眺めてみると、よくできているんですよね。特に英語の教科書は絶品です。だんだんと難しくなっていく感じが素晴らしいのです。同じ単語や似たような文章が繰り広げられることで、基礎から応用に広がっているのです。

というわけで、サッカーも同じように学問体系にできないのだろうかと思うわけです。その観点から考えると、U13とU17でどのくらい学問としてサッカーを消化しているか、消化すべきなのか、現状はどうなのかということを念頭に入れて、試合を眺めてみました。

U13

モウリーニョ時代のレアル・マドリーのサッカーを何もないと表現したのはファンマヌエルリージョです。ちなみに、リージョはグアルディオラが師匠と崇めている人です。僕もリージョに同感でモウリーニョ時代のレアル・マドリーは何もないと感じていました。でも、不思議なことにレアル・マドリーの個々のレベルは上がっていきました。カジェホン、イグアインがナポリで中心選手として活躍し、エジルがアーセナルの大将になったことを思い出すと、それもあながち嘘ではありません。

戦術がない代わりに、個人でどうにかしてね(*ノω・*)テヘ

という理不尽な負担によって、選手が成長するというのも面白いなーとレアル・マドリーを観て感じたことを覚えています。セルヒオ・ラモスのCBもこのころですね。

そうなんです。中途半端に戦術に縛るくらいなら、最低限の約束事、本当に最低限ですよそれはボールを奪われたら奪い返しに行くとか其の程度の約束事だけ決めて、あとは常識の範囲でプレーしてくれと。この常識の正体はまた別のお話なんですけど、これが難しい。

両チームを眺めてみると、戦術がそこには確かに存在しているんだけど、意図のあるサッカーだったかというと、よくわかりませんでした。それだったら、レアル・マドリー式のほうがいっそのこといいと思うんだけどね。両カテゴリーで共通した課題はサイドチェンジを受けた選手の行動の遅さ&その縦パスを受ける選手がスペースを先に埋めてしまう早すぎる動きでした。このあたりは先程の常識の範囲のプレーなので、なんだかちぐはぐな印象を受けます。

U17

ユース世代はピラミッド型のリーグ戦が整備されたことによって、プロ並みの競争が行われています。プリンスリーグに昇格したい、プレミアリーグを死守したい。そのためには、手段を選ばないぜとなると、未来がなくなります。サッカーというスポーツは不思議なもので、結果だけに囚われると、選手がまるで成長していないという事態に陥ります。

その呪縛に囚われているチームを見つけたというのが今日の収穫でした。

ただ、結果を残している、上位のリーグにいることが評価に繋がるのも事実であります。では、何で評価すべきなのか。

其の答えは単純です。次に対戦したときにどっちのほうが上手くなっているかです。サッカーが上手くなっているかを誰がどのように評価すべきなのかは別の問題ですが

このように考えていくと、なかなか難しいんですよね。なので、そのものさしを作るには、学問化するしかないとなります。

なお、我がチームの優秀な連中には東京ヴェルディをおすすめすることに決定しました。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。