サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二日の法則を検証しよう

こんにちは。

今回は中二日の法則について検証してみようのコーナーです。今週はACL、ナビスコがあったので、どのチームも同じ条件になります。なので、検証する意味が無いし、そもそも中三日だし。でも、面白いからやってみようのコーナーです。なお、前回のACLでは川崎フロンターレが中二日の法則に従い、大宮アルディージャと乱打戦を繰り広げることになりました。

アルビレックス新潟対サガン鳥栖

新潟はレオシルバ、アトム、大井などの欠かせない選手以外はターンオーバーを実行。若手の武蔵や小泉に出場機会を与えているのは素敵である。なお、加藤大はプチブレイクするかもしれない。

そしてサガン鳥栖はなんとお休み。なんてこった。いくらターンオーバーをしたとしてもお休みにには勝てそうもない。

ヴァンフォーレ甲府対横浜F・マリノス

甲府はガチです。下田、河本、水野のスタメン争いの激化が起こっているだけで、ナビスコはいつものメンバーでした。これは疲れが半端ないとかんがえられるけれど、ナビスコはアウェーで名古屋だから近所なのよね。なので、移動からくる疲労のダメージはあんまりなさそう。

マリノスはACL。火曜日に試合だったぜだけど、まさかのオーストラリアである。ターンオーバーを半分は実行しているけど、これは厳しい。中澤、俊輔、伊藤翔は日本でお留守番だったことが唯一の光明。でも、甲府はターンオーバーをしていないので、ここは同じ条件と考えてもいいかもしれない。

徳島ヴォルティス対柏レイソル

ナビスコでFW以外はターンオーバーの徳島。まじか、目先の一勝を狙うべきなのにと考えそうだけど、チームの底上げとリーグ戦を優先するとはおそれいったぜよ。

柏はがちです。ブラジル人監督のチームはターンオーバーって言葉を知りません。レアンドロ・ドミンゲスだけが休憩。基本はがち。なので、この2チームの対決はなかなかおもしろくなるかもしれません。

鹿島アントラーズ対セレッソ大阪

鹿島はつねにがちです。お休みは曽ヶ端だけ。それなのに結果が出なかったということは疲れか、曽ヶ端が偉大だったかというお話。

スポンサーサイト

FC東京対ヴァンフォーレ甲府のプレビュー

らいかーると「さて、Jリーグが開幕したね。まだ全チームを観ていないけど、なかなか楽しむことができているよ。」

てんかーて「さすがに、全チームを観ることは難しいね。時間をかけて観ていこうと思っているんだけどね。今日はプレビューを2人でやってみようと思っているんだけどね。」

らいかーると「どことどこの試合のプレビューをやるんだい??」

てんかーて「FC東京対ヴァンフォーレ甲府だよ。雪のため、すったもんだがあったヴァンフォーレ甲府とホームでの開幕戦を迎えるFC東京の試合だね。FC東京はふぉっかなんとかって名前のイタリア人監督が就任したことで、注目を集めているだよ。たしか、長友やジャッケリーニが教え子として有名なんだよね。」

らいかーると「ヴァンフォーレ甲府のサポはまだ東京に出てくるんだね。高速バスかあずさ&かいじの回数券が大活躍だね。時期的に青春18切符って技もあるけどさ。」

てんかーて「らいかーるとは妙に日本の交通事情に詳しいんだね」

らいかーると「最初にFC東京の開幕戦から振り返ってみてくれよ」

てんかーて「柏レイソル戦では、守備が目立っていたね。柏の両ボランチにインサイドハーフをぶつけて、柏の攻撃を機能不全にしていたのが印象に残っているよ。でも、柏のFWの中盤を助ける動きとレアンドロ・ドミンゲスが高橋秀人周りのスペースを狙い撃ちにするようになって、ちょっと混乱していたね。」

らいかーると「うん、それで4-4-2にして、ボランチを潰すよりも全体でスペースを圧縮することで、そんな柏の攻撃に対抗していたけど、スペースがぜんぜん圧縮されなくて、まじかよみたいな感じの試合だったね。」

てんかーて「攻撃面では中盤の選手の突撃が目立っていたね。SBが攻撃参加しない→相手のSHが守備に帰陣しない→数的優位をつくってレッツゴーみたいなノリだとは思う。むろん、相手のカウンターに備える意味合いも強いんだろうけどね。自分たちがボールを保持する場面は少なかったので、ちょっとよくわからなかったかな。」

らいかーると「前半の機能していた守備の時間帯の問題をいうと、相手のCBにプレッシングはかからないよね。まあ捨てている意味合いが強いと思うんだけど。なので、このオープンな位置から試合を作られると、ちょっと厳しいかなとは思ったよ。」

てんかーて「次に甲府の試合を振り返っておくれよ」

らいかーると「セットプレーでフルボッコだったけれど、自分たちがボールを持つ戦い方は決して悪くなかったと思うよ。むしろ、鹿島アントラーズよりもしっかり設計されている印象をうけたよ。」

てんかーて「ワントップ&ツーシャドウ&WBが攻撃の役割だね。この選手たちの動きの設計がもっと緻密になれば面白いとは思う。特にクリスチャーノはちょっと異次元だし、ジウシーニョは相変わらず元気だしね。」

らいかーると「WBがファーサイドからクロスに飛び込んでいくのは、インテルの長友仕事を思い出させるものだったね。ただ、守備での帰陣を考えると、なかなか大変そうなタスクを追っているよね。まあ、それでも、頑張るんだろうけど。では、この両チームの特徴を合わせてみようか。」

てんかーて「最初の注目ポイントはFC東京の守備だね。ダブルボランチにぶつける動きをしたところで、甲府には通用しなそうだからね。むしろ、甲府の3バックに対して、どのようにプレッシングをかけていくかでどのように設計されているかが楽しみなところだね。」

らいかーると「柏戦のやり方を基本とすると、3バックがオープンな形でボールを持つのは明白なので、甲府が好き勝手に攻撃を仕掛けられる試合になる可能性が高いね。味の素スタジアムで甲府がボールポゼッションで攻めまくる光景というのはなかなか異質なものだと思うけどね。」

てんかーて「甲府が自陣に撤退戦術でくる可能性はどれくらいあるかな?」

らいかーると「さすがに、まだ頑張ると思うけどね。甲府からすると、エドゥーを起点とするFC東京のカウンターが怖いんだけど、鹿島のカウンターは地味に防いでいたんだよね。なので、エドゥーと互角に渡り合えると、なかなか面白い光景になると思うよ。」

てんかーて「FC東京がボールを保持する展開を考えてみようか。甲府はいつもよりも高い位置からプレッシングをかけてくるから、FC東京のプレッシング回避の仕組みがようやく観られるかもね。基本はインサイドハーフの選手がSBの位置におちる形なんだけど、そこからどうすんの?というのがまだ見えないんだよね。」

らいかーると「柏戦のように、インサイドハーフの突撃作戦はあんまり甲府には機能しないだろうね。SBの攻撃不参加があったとしても、甲府が5バック気味で守ることは明らかなので、そうなると、ピン止めの効果がなくなる。だから、SBを攻撃参加させたほうがいいと思うんだけど、この辺りはどうするのだろうね。」

てんかーて「イタリア人監督の本性が垣間見そうな展開だねこれは」

らいかーると「最後に心配なのは、セットプレーだね。FC東京は柏戦でいいセットプレーをしていた。なので、甲府がそこを修正していなければ、あっさりと試合が決まる可能性もあるよ。」

てんかーて「そろそろまとめてみようか」

らいかーると「最初に甲府がボールを握りに行くかどうかが注目される。そんなときにFC東京の守備の設計がどのようになされているか」

てんかーて「次にFC東京がボールを握った時のプレス回避の仕組みとその先。」

らいかーると「そして、甲府のクリスチャーノを愉快な仲間たちの役割整理。サイドに流れる、中盤の落ちる、相手の裏に飛び出す、発生したスペースを利用する」

てんかーて「最後にセットプレーの修正を甲府が行えているかどうか。」

らいかーると「だいたいそんなところで、今回は終了とさせていただきます。」

てんかーて「プレビューのくせに結果の予想をしないところがらしいといえばらいんだけどね」

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

マドリードダービーのがちな雑感

さて、異常な熱量のマドリードダービーを見終わりました。今風な言葉を紡げば、高いインテンションな試合だったといえばいいのでしょうか。

この試合で注目が集まったのは、アトレチコ・マドリードのゼロセントラル対策でした。国王杯のセカンドレグでは4-5-1の自陣撤退で、3セントラルがDFラインに落ちるモドリッチたちを捕まえる&スライドしてスペースを埋めることで、ゼロセントラル対策を見せたシメオネ大先生。しかし、よくわかんない失点によって、試合は明後日の方向に流れていったのはつい最近のことです。

そのやり方を引き継いでいくのかなと今回のリーグ戦も予想していました。しかし、そんな様相はまるでなく。自陣に撤退&人海戦術によるスペース管理から、高い位置からのプレッシングによる試合の高速化によって、レアル・マドリーに戦いを挑みました。

あれでしょ?後方で時間を作りたいんでしょ結局は?だったら、がんがんプレッシングで時間を作らせないわ作戦。走るジエゴ・コスタとシャビ・アロンソを止める役割のラウール・ガルシア。モドリッチとディ・マリアはSHの選手がレアル・マドリーのSBへのパスコースを遮断しながらプレッシングをかけたり、ガビたちが飛び出してきて思考の時間を奪うことで、レアル・マドリーから時間を奪い取ることに成功。

攻撃面では、シャビ・アロンソとベンゼマの間のスペース&シャビ・アロンソの両脇のスペースを狙い撃ち。さらに、SBを上げたり、ジエゴ・コスタ&ラウール・ガルシアを両方ともにサイドに流れさせることで、人海戦術によるサイド攻撃。奪われたらすぐに奪い返す、これはまさかの大木殺法が炸裂。レアル・マドリーは前線の選手が戻ってきたり来なかったりなので、人海戦術ってけっこう地味に効くのよねというわけで苦しんでいたレアル・マドリーでした。

前線にちっともボールが来ないので、クリスチャーノ・ロナウドさんはFWの位置に移動したり、逆サイドの移動したりしたけど、ほとんど意味はなかった。それでもサイドにいるよりは精度の低いボールでも中央のほうが飛んできそうだし、中途半端に守備するなら、いっそいないほうが割り切れるので、この辺りのアンチェロッティはさすが。

さらに流石だったのは、采配。イエローカードの含みもあるけど、アトレチコ・マドリードに狙われまくったことで疲労困憊のSBを両方ともに交代。フレッシュな状態で残り時間もそんなにない状態で登場した両名は上下動を惜しむわけもない。そして、さすがのアトレチコ・マドリードも相手のペナルティエリアまで前プレを90分もこなすことは交代でもしない限りは不可能でやんすというわけで、フレッシュなSBの横幅隊によって、レアル・マドリーが蘇りさっそうと同点ゴールを決めていきましたという試合でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

2014年度版:Jリーグの各チームのまとめ

さて、今回はJリーグチームの印象をまとめていこうと思います。いわゆる、観たチームの印象を淡々と綴っていきます。観るたびにアップデートしていく予定です。其の時にはあれです。前に書いた文章を残すことで、その差異を楽しもうというのが主旨です。



ベガルタ仙台
システム:攻撃のときは4-2-3-1→ボランチ落としの3バックポゼッション。守備の時は4-4-2

オーストラリア人監督がやってきた。4-4-2のゾーン守備が基本。攻撃は3バックに変化する流行を取り入れている。攻撃では、システムをミスマッチさせることを基本としている。なので、後方の選手はその恩恵を受けるのだけど、そこから試合を作れない。また、自陣の深い位置ではミスが目立つので、ちょっとやばい。嘘、まじでやばい。

相手の陣地では、CBとSBの間に選手を走らせる狙いがよく見られた。または、中盤から走りだすことで、ボランチを動かして、中央のスペースを利用する。ただし、この走る&スペースメイキングの関係性がいいタイミングで成立しない&成立しても出し手の問題でボールが出てこない悪循環がちらほら。鹿島専用のフリーランニングだったかもしれないけれど、Jは4-4-2のチームが多いので、専用!ということはないだろう。

ただし、このフリーランニングで相手を崩すのは現代サッカーの流れからは何も矛盾はしていないし、4-4-2のゾーンからの崩しとしては悪くないので、監督は別に悪くない。悪いという意味では、そればっかりになっているので、色々なことをできればと思う。唐突に相手の裏に放り込んだり、アリークロスを入れてみたり。そういった違う手を入れることで、相手は困ってくると思うのだけどね。

というわけで、時間はかかります。八反田を中盤で起用すればなんとかなるかも。でも、八反田に対する僕の記憶は大学生で止まっているんだけどね。



鹿島アントラーズ

システム:攻撃の時は4-2-2-2。守備の時は4-4-2。

基本構造はブラジル式4-2-2-2から変化はなし。なので、SBが横幅隊となり、高いポジショニングが必要なる。もちろん、SBが高い位置をとらなければ、FWかSHが横幅を取らないといけない。そうでなければ、中央渋滞が起きてしまう。

DHが小笠原&柴崎というゲームメイカータイプの選手が揃っているが、彼らが細かい作業をするよりも、縦に早い攻撃を志向している。ダヴィに放り込むという単純な形を増やすことで、ダヴィのプレー機会を増やしたいのだろう。彼の周りに走れる若手でテクニカルな選手を配置することで、ダヴィの孤立状態を防ぐ意図は見える。

もちろん、放り込みだけでなく、中央に移動したSH、トップ下の土居の相手のライン間でボールを受けるプレーも利用する。この両方の攻撃のバランスをSBの突撃が上手く機能すれば、攻撃では幅のある攻撃が可能となるだろう。

甲府戦ではセットプレー4発。セットプレーの工夫も見られたし、キックの質も高い選手がいるので、困ったときのセットプレーは今後もチームを助けそうである。

ただし、守備面では怪しさがただよう。小笠原と柴崎が何処かえ消えてしまう(行き先はDFラインだったり、サイドだったり)ので、ライン間ってなにそれ美味しいの?状態になることが多い。なので、ミドルシュート最強な選手がたくさんいるチーム、じっくりボールを回してくるチームを相手にすると、なかなか苦戦する内容になりそうである。ただし、ダヴィのロングカウンターという武器もあるので、それを斬り合いと計算できるかどうかが今後の鍵だろうか。

高卒の若手をたくさん起用して育てていく方針をピッチ上で伝えているのが超好印象なので、成功して欲しい。

キーマンは土居。ダヴィが封じられたときにライン間で彼が輝けるかどうかが重要になりそう。ところで、中村充孝は何処へ消えた。

仙台の3バックミスマッチ攻撃に3バックで抑えこむという方法を持っているには驚かされた。ただ、理想は相手からボールを奪って時間を殺すことである。そういう守備になればもっと最強。ただし、そういう守備になると、ダヴィのスーパーカウンターが発動しなくなるので、あちらを立てればこちらが立たずがめんどくさい。右サイドを長所としている。長谷川伊東&遠藤コンビをどう止めるか。



柏レイソル
システム:攻撃の時は4-2-2-2。守備のときは4-4-2。ただし、3-4-3も得意としているので、相手によって使い分ける様子。

基本構造は変化なし。怪我人が多発状態の右サイドだが、特に新戦力もいないので、レアンドロ・ドミンゲスのサポート役は未だに存在しない。開幕戦では高山がスクランブルで右サイドを務めたが、時間がかかりそうである。判断はすべてレアンドロ・ドミンゲスに委ねますみたいな若手のほうが、意外と機能するかもしれない。

FC東京はハーフラインからプレッシングをかけてきた。ボランチに選手をぶつけられると、何もできないのがまじできつい。ボールを引き出す角度とポジショニングでどうとでもできそうだったのだが、何もできなかった。なので、前線コンビとレアンドロ・ドミンゲスの動き出しにすべてがかかっている。

ジョルジ・ワグネルの代役の高山は基本的にサイドにはっとけ。なので、橋本の攻撃力がもったいない。ジョルジ・ワグネルはハイボールの的としても機能していたので、田中順也は置いておいたほうがいいと思うんだけどね。

現状はボールを持たされると、前線のレアンドロ・ドミンゲス、レアンドロ、工藤にボールを入れる設計図がないので、きつい。でも、ボールが入ったら半端じゃない。特にレアンドロ・ドミンゲスとレアンドロの息はすでにぴったりである。なので、いっそのこと相手とミスマッチするシステムを創りだすことで、常にビルドアップ隊をオープンにして前線にボールを届けまくる作戦に切り替えたほうがよさそうである。

守備は特に印象に残らなかった。サイドにはっていても意味のなかった高山を下げて狩野を投入し、ボールの引き出し隊を増やしたネルシーニョ采配は見事だったので、今後も采配には期待である。

キーマンはビルドアップ隊。彼らが前線にボールをスムーズに届け、前線のプレー機会を増やせれば、最強。

ビルドアップ隊に変化はなし。恐らく、前線の選手の落ちる動きがないと、状況は改善されない。しかし、全員がゴール前でプレーすることに生きがいを感じている選手だらけなので、そのような現象が起きる気配はない。ボランチの横でプレーする工藤ちゃんとか想像できないでしょ。ってか、そうなっちゃうと、スポイルされちゃう。それができそうなのはレアンドロ・ドミンゲスしかないでしょう。神戸の森岡仕事ができるか。





浦和レッズ
システム:攻撃の時は4-1-5。守備の時は5-4-1。

基本構造は変化なし。ツーシャドウの守備の役割がはっきりしたことが大きい。原口が攻守の奮闘するようになったので、相手は4-5-1の撤退守備に苦しうことになるだろう。なので、昨年の広島のようにディスられる機会も増えるかもしれない。ボールを取りにこないから攻め込みにくいでやんす!!みたいな。

采配は変化が見られる。柏木をDFラインの前に置くことで、ポゼッションを安定させる。守備のときはきつそうなのだけど、ツーシャドウが守備に参加すれば問題あるまいという計算。また、梅崎を久々にシャドウで起用することで、守備での犬走り&献身性を利用している。また、ガンバの長所である左サイドを抑えるために、平川を起用するなど、相手をみて采配をしている印象のペトロビッチ。ただし、たまたまな可能性もあるので、今後にファンタジーな選手配置を見せてくれるかどうかが注目になる。

なお、自陣に撤退守備によって、原口のスタートポジションがはるか後方になるので、ロングカウンターはどうするのだろうか?という疑問が残る。その一方でセットプレーの練習もしているよ!という槙野の発言によって、自分たちの弱点をどうしようかという取り組みはしているようである。ただし、それが劇的な変化を与えるとは思えないところが浦和の泣き所である。主に、試合内容という意味において。結果は変わるかもよ。

キーマンは柏木と原口。前者はシャビ・アロンソ仕事を愚直にこなせるか。後者は守備を日常に落とし込めることができるか。


FC東京
システム:攻撃のときは4-1-2-3。守備のときは4-1-4-1。ただし、オプションで4-4-2もある。ただし、スペース管理がだるだる。

イタリア人監督がやってきた。守備の基本はハーフラインからのゾーンプレッシング。ボールホルダーへの圧力も強く、誰が誰を観るという役割が整理されていた。頭脳派と呼ばれている高橋がときどき暴走するのはよくわからなかったけれども。ただし、相手がポジショニングで工夫してくるチームだと、どこまで人に従属してしまうかは不明。そんな相手がJリーグにいるかというとまだちょっとわからない。

4-4-2は全体に広がり過ぎで選手の距離が広がっていた。どこを捨てるんだ?というのがまだ曖昧で、スクランブルアタックだった感じが大きい。

攻撃面ではインサイドハーフの役割が目立った。相手のDFラインの裏に走ったり、サイドをオーバーラップしたり。その代わりにSBがあんまり上がってこない。故に、インサイドハーフに働かせているのだろう。SBが攻撃参加しないので、頭脳派と呼ばれている高橋も飛び出してくる。このあたりのバランス感覚はスタジアムで見れば一発だろう。ただ、SBの攻撃参加が減るようであれば、太田のクロスを平山!なんて場面はまったくもって減るような気がする。でも、平山が出てくれば、太田は攻撃参加しそうだけど。

カズマ、武藤はWGというよりも、FWみたいな感じ。むろん、WG仕事も時にはするのだけど、ビジャや赤嶺のように、スポイルはされなそうな予感。エドゥーにボールがおさまるので、そこにどう絡んでいくかなどが整理されてくれば、迫力のある攻撃ができそうである。なんにせよ、まだまだ時間はかかりそうである。ただ、米本が帰ってきて、三田や東のポジションで使うとすると、攻撃の役割をそのままなのか、ちょっと変えるのかは気になるところである。

キーマンはディアゴナーレ戦争。守備で幅を作れるようになれば、結果は勝手についてくるだろう。

4-3-1-2で相手を牛耳った采配は見事だった。試合の途中から選手配置でどうにかしよう、という姿勢は見える。ただし、その正しさが結果につながらない傾向にある。それは運のなさもあるし、肝心の選手の特徴と噛み合っていないという問題に繋がっている。武藤、三田の下部組織コンビが鍵になってきそうだ。そして、暴走高橋秀人をどうするか。



川崎フロンターレ
システム:攻撃の時は4-2-3-1。守備の時は4-4-2。

基本構造に変化はなし。攻撃はスーパーの一言。どの選手も一定以上の技術を兼ね備えているので、どこからも攻撃のスイッチが入る。また、各々のボールを受けるポジショニングも秀逸なので、ボールが詰まることはあまりない。むろん、たまにはある。

長所はときに短所になるという格言があるが、川崎フロンターレの場合は変幻自在の攻撃がその名の通りであることである。長所は守備の的を絞りづらい。どこで奪おうというのがなかなか設定しにくい攻撃を見せる。短所は再現性が少ない。なので、相手を絞め殺すような攻撃はあまり得意とはしていない。それでも、変幻自在のポジショニング、周りの選手の空けたスペースを見る習慣も備えているので、チームのバランスがイカれることは少ないだろう。ただし、後半になって疲労感が増していくと、オートマティズムがないので、攻撃の精度が落ちていきそうである。でも、そんなときはカウンターで個人の力でレッツゴーができるんだけどね。

問題は守備。4-4-2なんだけど、中央にスペースが出来る。FWとMFの距離とMFとDFの距離、そして、SBとSHのサイドの捨て方が曖昧。特にボールを動かされた時のスライドがやばい。基本的には前からのプレッシングで設計されている。でも、後半になるとつかれる。中村憲剛が中盤の落ち気味で4-1-1-1になるんだけど、ボールを動かされるとスライドがやばい。

その他の不安要素はやっぱり疲労。ACLとJリーグをスタメン固定で乗り切りそうである。怪我人が出ても大丈夫そうだと予想で発言したが、怪我人が出ないとスタメン組の疲労が困憊になりそう。そうなると、後半の試合内容にダメージが出てくる。それでもカウンターで乗りきれるという計算なのかどうなのかはヤッヒーだけが知るところである。

キーマンはヤッヒー。中村憲剛と大久保を途中交代して守備固めをできるかどうかで勝ち点が変わってきそうである。

広島戦を観た限り、スカウティングは間違いなくしている。




横浜F・マリノス
システム:攻撃の時は4-4-1-1(中村俊輔はフリーロール)。守備の時には4-4-2と4-4-1-1を併用。

基本構造に変化はなし。高いポゼッション能力と素早い攻守の切り替え、激しさの増した高い位置からのプレッシングで相手からボールを奪い返すのは得意。ただし、ポゼッション、ポゼッションからの崩しは数的優位が前提となっているので、ポジションバランスが悪くなることがある。俊輔が下がりすぎていたり、CFは本来の位置にいない→SHが飛び出してくる→横幅隊?→SBが出てくる→カバーリングは?と数珠つなぎのようなバランスの悪さを見せている。

また、相手が撤退して枚数合わせに乗り出したときに苦戦する。ここで大っ嫌いなヤッヒー理論を導入すると、個々の動きでどうにかできそうだが、それを本職とする選手はいない。いても兵藤だが、スタメンから外れてる。藤本の起用は今までの戦い方をより極端にする起用法である。極端にすることで突き抜けるかどうかという賭けでもある。成功するか失敗するかは謎。それだったら、いろいろに取り組んだほうがリターンはありそうなんだけどね。

ただし、自分たちのサッカーにこだわりを見せる一方で、相手にあわせて放り込みを徹底する現象は光明。そういった柔軟性をもてば、徐々に変容していくかもしれない。変容していけば、今年こそ優勝という目標を達成できるかもしれない。ACLでもローテーションを採用しているようなので、ベンチメンバーの成長も促せるだろうしね。

キーマンは樋口監督。言わずもがな。




ヴァンフォーレ甲府
システム:攻撃の時は3-4-3。守備の時は5-4-1

予想通りにムービングさせはじめた城福監督。プレス開始ラインを高めることで、守備の選択肢を増やそう作戦とボールを持っても攻撃できるようにという設計は決して悪いものではない。みんなの通る道である。

ワントップのクリスティアーノは化物。ただし、幅広く動きまわるタイプなので、相手のDFラインとのバトルを執拗に続ける選手ではない。ジウシーニョ、下田北斗、河本も同じようなタイプなので、3シャドウですか、これはという状態になる。なので、全員が色々な仕事ができてしまうということが、役割を複雑化させているので、この辺りはさっさと割り切った方がいいような気がする。

よって、基本の横幅はWB。浦和&広島のWBも走りに走るが、ビルドアップが安定しているので、アホみたいに走る必要はない。そこが甲府との違い。正しい時間とタイミングで攻撃参加しながら、SBとしての守備も求められるので、なかなか大変そうである。なので、守備か攻撃の負担をちょっと減らしてあげないと、精度の高い仕掛けは難しいのではにだろうか。でも、阿部ちゃんは期待に答えてくれそうなので、問題は柏の抜けた穴。

ただし、ボールを回すのはなかなかうまかった。また、それに伴うカウンターも流れの中では相手を止めまくっていた。また、4失点の岡GKだけども。オレがチームを救うというプレーを連発していたので、次の試合で見てみたい。なので、まあそんなに悲観的になる必要はないけれど、前線の役割とWB問題に手を付けないと、いつか帰るところに帰るのはもうすぐになってしまうとなんかもったいない。

キーマンはクリスチャーノとツーシャドウ。この部分の整理ができれば、大化けしそうである。

ジウシーニョが怪我をしたことで、CFに盛田が登場する。ハイボールの的になれるワントップの登場によって、相手のDFラインとバトル選手が登場&ロングボールが選択肢に登場。ツーシャドウの活動エリアの拡張と選択肢の増大はチームにとってプラスになりそうである。

自陣に撤退して5-4-1を行ったときに、前線に盛田がいてもほとんど意味が無い。時間をかせぐようなキープ力はない。逆に言えば、時間を稼がないキープはできる。なので、盛田の側に誰かがいればいいけれど、ツーシャドウの選手の守備位置はサイドなので、この問題をどのように解決するか。撤退の時間帯が長くなるようだったら、クリスチャーノをワントップにすればいいのだけど。


アルビレックス新潟

システムは4-4-2。攻撃の時には4-2-2-2のようになる。

基本的にハイプレッシングで相手の攻撃を滅ぼすのが特徴だと思っている。他の局面では決して強くない。ボールを保持しているときは前線の選手が中央に集まってきて渋滞する習慣がある。CBをFWでピン止めして、相手のMFを窒息死させるという狙いもあったかもしれない。攻撃の始まりはレオ・シルバでCBは何もしていないことが多い。後方からの数的優位を前線に繋げられるかという意味では非常にもったいない。

攻撃的に出ましょう!というとにはSBが飛び出してくる。そのときに誰が相手のSBの裏に飛び出すかの役割が定まってくれば、ボールを保持した時の攻撃の精度も上がりそうである。



清水エスパルス

横浜F・マリノス戦を観たんだけど、いいところがまるでなかった。なので、不明。はっきりしていることは、ボールを保持するメカニズムがまるで存在しないところにある。



ガンバ大阪
システム:攻撃のときは4-2-2-2。守備の時は4-4-2

J2を制覇したときに得点を決めまくった宇佐美とロチャがいない。なので、うーんという感じの試合であった。攻撃のガンバーという印象があるんだけど、攻撃は微妙であった。左サイドに人を集めて数的優位で打開というありふれたテキストのサッカーだったので、がっかりしたのも事実である。

遠藤がフリーマンとして使われている。マリノスの俊輔仕事と似ているが、遠藤のほうが相手のライン間でボールを受けるプレーを行うので、その差がちょっとおもしろかった。でも、遠藤が落ちてくる→今野たちが上がるんだけど、兵藤がいない。中町はいるけど、肝心の兵藤がいないと思ったら、後半から大森が登場。走る走る大森だったけれど、兵藤ではなかった。でも、兵藤も岡崎仕事が本職なのかは怪しいので、何ともいえないところである。

リンスも別に普通だったので、宇佐美くんの個人技が相手に通用するかどうかゲームがガンバ大阪だとすると非常にやばい。守備の4-4-2は次第点。というか、ミスマッチ系の浦和だったので、参考外。ただし、遠藤がスペースをあける場面は多々見られたので、このバランスの取り方が難しいのだろうなと考えさせられた。

キーマンは両サイドハーフ。岡崎仕事をこなせる選手が出てくるかどうか。遠藤をトップで使うならなおさら。


名古屋グランパス
システムは4-4-2。西野式の4-4-2と言っても良さそう。

全体的なバランスが悪そうで良い。ケネディ、ダニルソン、田中マルクス闘莉王の中央の個人能力は異常。周りの選手も彼らをサポートできるような能力がある。左SBの本多が独力でクロスまでいけるようになれば、面白くなりそう。この位置は阿部ちゃんと残しておいたほうが良かったかもしれない。

若手をたくさん起用している。ナビスコでも起用しまくっている。今までの名古屋は閉塞感があったようなので、そこから解き放つという作業だけでも西野監督にした価値があった。解き放たれた若手軍団がどうなるかは非常に楽しみである。


セレッソ大阪
システム:攻撃のときは4-2-3-1。守備の時は4-2-3-1か4-4-2

ポポビッチとフォルランが来たことで一体全体どうなんだろうと思われたが、開幕戦は肉でも魚でもない内容となった。

ポポビッチワン・ツー地獄の最大の特徴は相手ゴールに背を向けた選手がワン・ツーの的になるところである。バルセロナだって最後はワン・ツーで終わることが多いんだけど、いわゆるピボ当てのようなワン・ツーはそんなに多くはない。そう、ポポビッチのワン・ツーはそこに特徴があるのだよね。

前半はポポビッチワンツーが炸裂していたが、後半は横幅をとったり、扇原が落ちたりと懐かしのセレッソ大阪に戻りつつも、ときどきは無意味なワン・ツーをしたり、時にはワン・ツー地獄で相手を翻弄したり、クルピ時代の仕掛けを思い出させるようなポジショニングを見せたりと、機能しているんだがしていないんだがよくわからなかった。ただ、選手のクオリティの高さはあるので、方向性の設定とそれに従うのか否かで色々と変わってきそうである。特に長谷川アーリアジャスールは申し子であるので、彼がキーマンになりそう。

守備はそんなに悪くなかったけれど、シンプリシオが落ちて守備を固めるの!の部分の欠落が失点に繋がったことはなんと表現したらいいのかわからん。でも、全体的には悪くない。しばらくはワン・ツー地獄とどう付き合うのかになりそうだよ。その他では柿谷とトップ下、フォルランを前線にすると、柿谷の裏への飛び出しという技が死んでしまうと思うんだけど、いったいそこはどう考えているのだろう。これは後半のお話ね。

キーマンはシンプリシオ。は?いないじゃんって感じだけど、彼の昨年の役割をチームでどのように埋めるか。そのままフォルランや柿谷に任せては彼らがスポイルされそうである。2人でやるって解決策もあるけどね。


ヴィッセル神戸
システム:攻撃の時は4-4-1-1。森岡はフリーマンのように見える。守備のときは4-4-2。

降格候補にあげてしまったヴィッセル神戸だったけれど、開幕戦を観る限りはなかなか戦えそうである。それにしても、補強でチームがほとんど入れ替わっている。高橋峻希、増川、シンプリシオ、チョンウヨン、ペドロジュニオール、マルキーニョスがスタメンで起用されていた。6人が新戦力だから、昨年とは別のチームだね。昨年を知らないからよくわかんないけども。

基本はボールポゼッションを軸と考えていそう。ただし、CBとDHコンビで角度を付けられないので、フロンターレの前からプレッシングをなかなか回避できなかった。回避方法は森岡の助っ人。人海戦術を使えば、能力のある選手が多いので。落ち着いてボールを運べそうである。ただし、ボールポゼッションの目的はゴールだったり、前進だったり、守備だったり、時間を殺すことだったりする。その目的に応じてできそうかというと何というか微妙そうな印象を受けた。

守備ではペドロ・ジュニオールが穴。単純に帰ってこない。他の選手は献身的にこなすので大コケはなさそう。繰り返すが、ペドロジュニオールとチョンウヨン側のサイドは危険地帯なので、右サイドをストロングポイントにするチームを相手にするときは苦労しそうである。でも、全体の守備の印象は悪くなかった。さすがに川崎フロンターレには振り回されたけれど。

キーマンは森岡。人数の差配が出来る選手で、相手のライン間でもボールを受けることができる選手である。彼がいなければ、ペドロジュニオールをトップに置けるのだけど、どう考えても森岡のほうが良い。ブレイクできるかどうか。


サンフレッチェ広島
システム:攻撃時のシステムは4-1-5。守備の時のシステムは3-4-3か5-4-1。

ゼロックスで見せたプレッシングラインを上げた守備はなりをひそめる前半戦。恐らく、試合を膠着させたいときは5-4-1の撤退。カウンターで相手を沈めたいとき、攻撃的に出るとき、ボールを握りたいときは3-4-3の高い位置からのプレッシングを選択するように変化している。開幕戦では浅野の投入とともに攻守に攻撃姿勢を取り戻すことで、セレッソの時間帯を破壊し、ついでに同点ゴールまで決めてしまうのだから出来過ぎたストーリー。むろん、シナリオライターが森保監督。

この守備の幅がえぐい。3-4-3の場合だと、シャドウの選手がカウンターに備えて前残りが可能になる。よって、カウンターの破壊力が増す。特に浅野、野津田、石原が早い早い。佐藤寿人がピッチからいなくなると、別のチームに変化するのは非常に嫌らしいことだと思う。さらに、後方の選手も別の5-4-1で撤退しなくても相手を潰しまっせという個人能力を備えているので、恐らく事故はそんなに起きないだろうというリスク管理もできている。

非常にえぐい。守備で相手をコントロールするだけでなく、もともとポゼッションもできるので、この守備の選択の幅がもたらす意味はちょっとえぐい。4-4-2の場合は逆サイドの選手を上がらせてカウンターに備えるんだけど、それをツーシャドウのポジショニングで行うのが広島流。なので、そんなポジショニングに注目してみると、広島が何を狙っているかわかるかもしれない。

キーマンは佐藤寿人。彼が15点くらい取れれば、優勝できるんじゃないかな。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。