サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田達磨の最初の一歩

らいかーると「さて、今年のJリーグもとうとう開幕した。正式に言えば、ACLだか、日本サッカーの開幕と言っても問題ないだろう。」

てんかーて「先陣は柏レイソル。今季の柏レイソルは一部指導者から注目を集めている。その理由は監督の吉田達磨。柏レイソルの下部組織の礎を築いたとされる人物だ。もともと、下からトップのチームに影響を与えていくと宣言していた柏レイソル。吉田達磨を監督にすることで、いわゆる賽は投げられた状態になっている。」

らいかーると「今回はそんな最初の一歩の試合となったACLのプレーオフを見ていく。この試合に勝てば、ACLの本戦に出られるというレギュレーションだ。CLの予備予選と同じだと考えればいいだろう。」

てんかーて「結果は3-2で勝利。先制する展開だが、すぐに追いつかれる苦しい展開。困ったときのセットプレーで延長戦に勝ち越しゴールを決めることに成功した。」

らいかーると「スタッツを見ると、先日の日本代表対UAE戦を思い出させる。しかし、柏レイソルは勝つことに成功した。これで本戦への出場が決定する。いわゆるメデタシメデタシという結末になった。」

てんかーて「では、試合内容にうつっていく。」

らいかーると「最初に気になったのが、インサイドハーフの役割の違いだ。」

てんかーて「左インサイドハーフの大谷はセンターバックに近づいてボールを回収する場面が多く、右インサイドハーフの武富は相手の隙間に入ることが多かった。」

らいかーると「この両者の違いを両者の個性の違いだということもできる。もともとボランチの位置を得意とする大谷と、湘南でおそらくシャドウの位置を主戦場としていた武富。両者の住んでいた場所を考慮すると、このような違いがおかしくないように見える。」

てんかーて「しかし、実際にこのような形がメインになると、左右のバランスが悪くなる。ビルドアップの起点は左サイドが中心となる。また、インサイドハーフがセンターバックからのボールを回収しにいくと、インサイドハーフがいるべき場所はどうなる?という問題が出てくる。」

らいかーると「また、そもそもセンターバックに近づいてボールを回収する必要があるのか、という問題も出てくる。」

てんかーて「それらを計算に入れているかどうかを考えるには、次にセンターバックについて考える必要がある。」

らいかーると「この試合のスタメンは、増嶋と鈴木。アンカーの茨田にボールを渡す場面も多く、楔のボールにも意欲的にチャレンジしていた。そして、パスの精度も悪くなかった。」

てんかーて「しかし、運ぶドリブル。つまり、自分のプレーによって、味方を自由にするプレーは極端に少なかった。特に仕事もせずに、大谷にボールを渡す場面も何度も見られた。」

らいかーると「このプレーをどのように解釈できるか。まだ、後方から繋いでいくサッカーに慣れていないので、大谷のヘルプが必要と解釈するか。それとも、大谷の習慣がそうさせているのか。チームとしての動きなのか、個人としての動きなのか。それによって、プレーに対する評価は変わってくる。」

てんかーて「後方の安定性の代わりに失ったものはなにか。また、それを失わないための計算が前線にあるのか。」

らいかーると「次に工藤とクリスチャーノについて見ていく。工藤はセンターフォワードのイメージが有るのだが、右サイドでの出場機会を増やしている。この試合では、左にクリスチャーノ、右に工藤が配置されていた。」

てんかーて「クリスチャーノは縦横無尽。サイドにはってからの勝負もいける。左サイドバックをシカトすることもない。相手の隙間でも活動できるし、シュート意欲も高い。」

らいかーると「工藤はサイドにはる仕事はできなくないが、得意ではない。相手の隙間での受けるプレーはできる。また、センターフォワードが本職なので、中央のエリアに飛び出してく事が多い。」

てんかーて「サイドにはる仕事ができて、サイドバックのオーバーラップを活用できるクリスチャーノにプレー機会を増やしたほうが得策だ。左で作って、右でしとめると書くと、どこかで聞いたような気がするサッカーになる。」

らいかーると「工藤に横幅を作らせてもしょうがない。そうなれば、新たな横幅隊が必要になる。右サイドバックかインサイドハーフ。武富がサイドに流れることは少ないが、奥行きを確保するようなスプリントは可能だろう。右サイドバックのキム・チャンスは積極的に攻撃参加していた。」

てんかーて「左インサイドハーフが積極的に攻撃参加をすると、かえってクリスチャーノの邪魔になる可能性もある。このように考えると、大谷の動きはチームとして計算されたものである可能性が高くなってくる。」

らいかーると「最後にレアンドロの動きについて見ていく。非常に幅広い動きをしていた。時にはインサイドハーフの中央に顔をだす場面も見られた。インサイドハーフが相手の両ボランチに捕まった場面で大宮アルディージャの下部組織が行う得意技である。もちろん、柏レイソルも行う技だ。」

てんかーて「ゼロトップは言いすぎだが、かなり動き回る。ゼロトップの注意事項はゴール前が空になること。しかし、工藤とクリスチャーノは中央に入って行くことが大好きなので、まったく問題にならない。また、武富が飛び出してくれば、さらに相手からすれば対応がしにくくなるだろう。」

らいかーると「整理していこう」

てんかーて「センターバックのビルドアップにはまだ不安が残るので、大谷を落とす。大谷を落とす理由にはクリスチャーノとスペースを食い合わない狙いもある。また、左サイドを攻撃の起点とすることで、何でも屋のクリスチャーノのプレー機会を増やし、フィニッシャーとして期待できる武富、工藤の右サイドコンビのフィニッシャー機会を増やす。」

らいかーると「もちろん、右サイドからの攻撃を仕掛ける。そのときはキム・チャンスを積極的に攻撃参加させることで、工藤の横幅問題を解決する。また、武富のスプリント、ポジショニングを活かすことで、右サイドの精度を高める狙いが有る。」

てんかーて「インサイドハーフが相手に捕まったときはレアンドロを落とす。レアンドロの空けたスペースには、工藤、クリスチャーノ、武富が侵入する。レアンドロは幅広く動くことを好んでいるので、本人のプレースタイルとも合致している。」

らいかーると「最後に問題を見ていく。」

てんかーて「マンマークの死なばもろともプレッシングをくらったときに、ボールを前進させられるかは不明。センターバックとキーバーの前進能力は不安視されている。」

らいかーると「右サイドのキム・チャンスの攻撃能力は決して高くない。酒井宏樹がいれば問題は解決する。しかし、いないものはいない。攻撃を右サイドに誘導された時にどれだけできるかは未知数。」

てんかーて「柏レイソルの守備は4-1-4-1で行われる。前線がワントップなので、相手のセンターバックに頑張ってプレッシングをかけていくスタイルではない。しかし、DFラインは高い。よって、フリーなセンターバックからのロングボールに対して、どのように振る舞うかは問題としてすでに現れている。」

らいかーると「相手の攻撃をくらったときに、両ウイングの帰陣が遅い。相手のサイドバックの攻撃参加が早ければ、ピンチになる可能性が高くなる。」

てんかーて「最後に茨田が持ち場からときどき消える。」

らいかーると「ではまた。」
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。