サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年:Jリーグの順位みたいなものを予想してみようのコーナー PART2

さて、後半戦です。

清水エスパルス

積み上げてきたものをスクラップしてビルドしての繰り返しをしていた印象の清水エスパルス。今年はスクラップしなかったよ!!!ということで、非常に期待の高まるシーズンである。本田、大前が帰ってきたのは言うまでもなく、高木弟を獲得したのも大きいだろう。引きぬかれたのも和製アンリくらいである。これで結果を残せねば、名将の看板を下ろさなければいけないゴトビ。不安なのはDFラインくらいだろうか。そして竹内くんは試合に出られるだろうか。

というわけで、7位以上。

アルビレックス新潟

こちらもスクラップしなかったよ!というわけで、非常に注目のあつまるアルビレックス新潟。でもね、守備だけじゃ波乱は起こせても優勝はできないの。優勝ができるなら、ベガルタ仙台が優勝していると思うの。というわけで、さすがに優勝はない。だから、ポゼッションといいたいけど、いきなりポゼッションを成功させられる監督って日本にいるのだろうか。まさか変な色気はださないだろうけど、そのあたりのバランスをどのようにするかが鍵になりそうである。

というわけで、7位以上。

名古屋グランパス

よくわからなかった妖精はいなくなりました。そして浦和出身の西野監督が登場です。さすがにここでしくじっては次がなくなるかもしれんというわけで、不退転の決意をしているのは間違いないでしょう。

DFラインに関しては、本多、牟田、指定強化選手の目処がついたと信じたとしても、全体的に西野監督が志向するサッカーをするメンバーがいるかどうかと言われると、なんとも言えない。ただし、ポテンシャルが尋常でない若手はたくさんいるのよね名古屋グランパス。

磯村、田鍋、刀根、松田、小屋松、杉森、望月。彼らが成長爆発させれば、色々な可能性が考えられるのだけど、そんなに上手くまわるのだろうかというのが色々。さらに、前線のケネディ、玉田が一年間稼働するかどうかが微妙。稼働しないならしないほうが若手は成長するかもしれないけれど、中途半端なコンディションでも優先的に試合に出るようだど、厳しい。

というわけで、若手の覚醒待ちというきっつい状況なので、二桁順位になるのではないかと予想。これって昨年と同じじゃんというわけで、残留争いに足を突っ込むと予想しておきます。

ガンバ大阪

J2は観ていないので、わからないの。なので予想のしようがないの。守備組織は整えたって聞いているけど、J2だもん。選手が大幅に入れ替わっているわけでもないので、非常に何とも評価にしにくい。

というわけで、真ん中。

セレッソ大阪

非常に注目を集めているけど、ポポビッチである。FC東京をワン・ツー地獄に追い込んだポポビッチである。クルピの財産が有るうちはいい結果が出るだろう。しかし、ポポビッチの影響力が強くなっていくうちにピッチの現象がどんどんおかしくなっていき、最終的にはわけのわからない光景が繰り返されることは間違いないだろう。なので、前半戦はさすがセレッソ!!みたいになるけど、だんだんあれれ???みたいな結果になることは間違いない。

というわけで、ACL圏内には入れないと予想。

ヴィッセル神戸

こっちもJ2だ。でも、サポに知り合いがいるの。サポ曰く、わけのわからないうちに昇格が決定した。だから、レベルアップしているわけではないから、降格すると思う。でも、森岡がブレイクしたので、彼がどれくらいできるかな?らしい。

というわけで、残留争いをぎりぎりまで演じそうと予想

サンフレッチェ広島

広島はフロントが優秀な印象。選手を抜かれても、しっかりと代役を連れてくる。準備万端。ここまで用意周到だと、浦和とタッグを組んでいるのではないかと邪推してしまう。もちろん、そんなわけはない。ゼロックスはまだ観ていないのだけど、どうやらミシャスタイルからの脱却を図ろうとしているらしい。というわけで、不安要素が消えた。そして、昨年は捨てたと揶揄されたACLの呪いに関しては、下の世代が地味に育ってきている。なので、彼らが結果を残せば、ちょっとおもしろくなりそうである。

世代交代も含めて、今年が広島の時代が延々と続くかそうでなくなるかの分岐点となりそうな気がする。まあ、すでに時代を作ったと言っていいんのかどうか。やっぱり3連覇したらそう言えるのかもね。

というわけで、予想はACL圏内。

ヴォルティス徳島

出たよJ2。選手名鑑を眺めると、知っている選手がズラリ。松井、千代反田、行方不明だった福元、伝説の橋内、などなど。そして、レアンドロ・ドミンゲスの弟はいるし、試合に出るかわからないけど、花井もいる。なんか応援したくなる面子なので、ぜひとも残留して欲しいという淡い希望。予想でなく、希望。

サガン鳥栖

昨年の後期の大躍進である。大躍進の立役者がそろって残留を決めている。この時点で非常に期待が高まる。そして、野田が抜けたけれど、岡本が帰ってきた。ポジションは違えど、後期の勢いは持続できそうな気配が濃厚である。となれば、順位も中位以上とするのが妥当なところだろう。

というわけで、中位以上と予想。

では、これらをまとめてみよう。


上位グループ:FC東京、広島
ACL争いを含めて団子集団:浦和、仙台、柏、川崎、清水、新潟、鳥栖、セレッソ
降格の心配はないけれど:マリノス、ガンバ
残留争いに巻き込まれそう:名古屋、鹿島
残留争いをしのぐわ:大宮、甲府、徳島
ごめんなさい:ヴィッセル

順位は無理。

ではまた。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

ヴォルティス徳島でなく徳島ヴォルティス

  • 2014/02/26(水) 20:19:02 |
  • URL |
  • 徳島ヴォルティス #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/19-0f6f111e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。