サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカルニュース55より、デュソーさんとの思い出を語ろう

サッカーの指導者ライセンスを持っている人に送られてくる雑誌。それがテクニカルニュースである。一般の方が手に入れる方法があるかはわからない。えらい秘密が載っているわけではないので、個人的にはどこかで販売してもいいような気がしている。

で、今回はもういなくなってしまったデュソーさんとの思い出を語ろうぜ特集がなかなかおもしろかった。なので、印象に残った言葉をメモ代わりにここに記載していく。

・サッカーが上手くなるにはどうしたら良いですか?デュソー曰く、サッカーを愛することだよ

・蹴るサッカーはボールを失うと共に、その子のサッカー人生を失う

・アカデミーでよく言っていた言葉はボールを大切にしなさい。安易にボールを失うな。

・質の追求が全てだ。ボールが止まって人が止まればボールを失う

・ボールによれ、パスしたら動け。

一般的に日本で考えられている個人戦術がぜんぶテクニックという項目に含まれているのがデュソーの考え。例えば、ボールを受けるときの予備動作とか。

・常に選択肢の多いボールの持ち方を考えなさい。ただし、動きながら。

・ボール保持者が選択肢を持つために、ボールを持っていない選手が賢く動きなさい。

・賢く動くというのは、やみくもに動くのではなく、しっかりパスコースを作るために動きなさい。

・シンプルにプレーしてください。
例えば、止まってプレーすることによって、プレーの幅が狭くなる。そうすると、シンプルにプレーできなくなる。相手が来るから。相手が来れば、フェイントなどでひとてまかける必要がある。


・ボールに寄りながら、動きながらプレーすれば相手をかわせる。それがシンプルにプレーするということ。

・もらう前に状況をよく観てていて、コントロールして、次に何をするのかというイメージを持てば、常にシンプルなものがそこに描けるはず。

日本のサッカーは非常に無駄が多い。ひと手間かけてからパスをしたり。

ボールを持っている選手がいろいろやろうとすると、他の選手との動き出しのタイミングがシンクロしなくなる。

動き出すタイミング、出会うタイミングが日本には足りない。

・インフォメーションが少ない。
ボールを欲しいのか、ほしくないのかわからない。

・アクションを起こしなさい。

ボール保持者が色々なことをやろうとすると、タイミングが取りにくくなる。だから、シンプルにやれ。

動きながらというのは、マークをタイミングよく外して受ける。

コメント

ボールを受ける前のアクション
先日行われたベネズエラ戦
大迫の相手を背負ったプレーは、相変わらず上手いなと感じましたが、岡崎はボールを受ける前のアクションで、かなり大袈裟に動いているよう感じました。結果的に点が動いたのは岡崎たちが入ってからと考えると、大迫にはそのアクションが足りないのかなと感じたのですが、この考え方は合っていますか?

僕も大迫と柿谷のツートップは見てみたいけど、岡崎がそれを許さないばりのプレーを見せてるというか。ザックの頃からですが、代表で一番上手いのは岡崎と思っているので。

  • 2014/09/12(金) 11:09:28 |
  • URL |
  • ホサカ #LjveDjGg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/2-6bff8f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。