サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京対ヴァンフォーレ甲府のプレビュー

らいかーると「さて、Jリーグが開幕したね。まだ全チームを観ていないけど、なかなか楽しむことができているよ。」

てんかーて「さすがに、全チームを観ることは難しいね。時間をかけて観ていこうと思っているんだけどね。今日はプレビューを2人でやってみようと思っているんだけどね。」

らいかーると「どことどこの試合のプレビューをやるんだい??」

てんかーて「FC東京対ヴァンフォーレ甲府だよ。雪のため、すったもんだがあったヴァンフォーレ甲府とホームでの開幕戦を迎えるFC東京の試合だね。FC東京はふぉっかなんとかって名前のイタリア人監督が就任したことで、注目を集めているだよ。たしか、長友やジャッケリーニが教え子として有名なんだよね。」

らいかーると「ヴァンフォーレ甲府のサポはまだ東京に出てくるんだね。高速バスかあずさ&かいじの回数券が大活躍だね。時期的に青春18切符って技もあるけどさ。」

てんかーて「らいかーるとは妙に日本の交通事情に詳しいんだね」

らいかーると「最初にFC東京の開幕戦から振り返ってみてくれよ」

てんかーて「柏レイソル戦では、守備が目立っていたね。柏の両ボランチにインサイドハーフをぶつけて、柏の攻撃を機能不全にしていたのが印象に残っているよ。でも、柏のFWの中盤を助ける動きとレアンドロ・ドミンゲスが高橋秀人周りのスペースを狙い撃ちにするようになって、ちょっと混乱していたね。」

らいかーると「うん、それで4-4-2にして、ボランチを潰すよりも全体でスペースを圧縮することで、そんな柏の攻撃に対抗していたけど、スペースがぜんぜん圧縮されなくて、まじかよみたいな感じの試合だったね。」

てんかーて「攻撃面では中盤の選手の突撃が目立っていたね。SBが攻撃参加しない→相手のSHが守備に帰陣しない→数的優位をつくってレッツゴーみたいなノリだとは思う。むろん、相手のカウンターに備える意味合いも強いんだろうけどね。自分たちがボールを保持する場面は少なかったので、ちょっとよくわからなかったかな。」

らいかーると「前半の機能していた守備の時間帯の問題をいうと、相手のCBにプレッシングはかからないよね。まあ捨てている意味合いが強いと思うんだけど。なので、このオープンな位置から試合を作られると、ちょっと厳しいかなとは思ったよ。」

てんかーて「次に甲府の試合を振り返っておくれよ」

らいかーると「セットプレーでフルボッコだったけれど、自分たちがボールを持つ戦い方は決して悪くなかったと思うよ。むしろ、鹿島アントラーズよりもしっかり設計されている印象をうけたよ。」

てんかーて「ワントップ&ツーシャドウ&WBが攻撃の役割だね。この選手たちの動きの設計がもっと緻密になれば面白いとは思う。特にクリスチャーノはちょっと異次元だし、ジウシーニョは相変わらず元気だしね。」

らいかーると「WBがファーサイドからクロスに飛び込んでいくのは、インテルの長友仕事を思い出させるものだったね。ただ、守備での帰陣を考えると、なかなか大変そうなタスクを追っているよね。まあ、それでも、頑張るんだろうけど。では、この両チームの特徴を合わせてみようか。」

てんかーて「最初の注目ポイントはFC東京の守備だね。ダブルボランチにぶつける動きをしたところで、甲府には通用しなそうだからね。むしろ、甲府の3バックに対して、どのようにプレッシングをかけていくかでどのように設計されているかが楽しみなところだね。」

らいかーると「柏戦のやり方を基本とすると、3バックがオープンな形でボールを持つのは明白なので、甲府が好き勝手に攻撃を仕掛けられる試合になる可能性が高いね。味の素スタジアムで甲府がボールポゼッションで攻めまくる光景というのはなかなか異質なものだと思うけどね。」

てんかーて「甲府が自陣に撤退戦術でくる可能性はどれくらいあるかな?」

らいかーると「さすがに、まだ頑張ると思うけどね。甲府からすると、エドゥーを起点とするFC東京のカウンターが怖いんだけど、鹿島のカウンターは地味に防いでいたんだよね。なので、エドゥーと互角に渡り合えると、なかなか面白い光景になると思うよ。」

てんかーて「FC東京がボールを保持する展開を考えてみようか。甲府はいつもよりも高い位置からプレッシングをかけてくるから、FC東京のプレッシング回避の仕組みがようやく観られるかもね。基本はインサイドハーフの選手がSBの位置におちる形なんだけど、そこからどうすんの?というのがまだ見えないんだよね。」

らいかーると「柏戦のように、インサイドハーフの突撃作戦はあんまり甲府には機能しないだろうね。SBの攻撃不参加があったとしても、甲府が5バック気味で守ることは明らかなので、そうなると、ピン止めの効果がなくなる。だから、SBを攻撃参加させたほうがいいと思うんだけど、この辺りはどうするのだろうね。」

てんかーて「イタリア人監督の本性が垣間見そうな展開だねこれは」

らいかーると「最後に心配なのは、セットプレーだね。FC東京は柏戦でいいセットプレーをしていた。なので、甲府がそこを修正していなければ、あっさりと試合が決まる可能性もあるよ。」

てんかーて「そろそろまとめてみようか」

らいかーると「最初に甲府がボールを握りに行くかどうかが注目される。そんなときにFC東京の守備の設計がどのようになされているか」

てんかーて「次にFC東京がボールを握った時のプレス回避の仕組みとその先。」

らいかーると「そして、甲府のクリスチャーノを愉快な仲間たちの役割整理。サイドに流れる、中盤の落ちる、相手の裏に飛び出す、発生したスペースを利用する」

てんかーて「最後にセットプレーの修正を甲府が行えているかどうか。」

らいかーると「だいたいそんなところで、今回は終了とさせていただきます。」

てんかーて「プレビューのくせに結果の予想をしないところがらしいといえばらいんだけどね」

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/24-51e8043d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。