サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニングメニューを構築しよう

一ヶ月更新しないと、サイトが見にくくなるでよー、まじかーーーーーーーーーーーというわけで、くだらない更新になります。本日のテーマはトレーニングメニューの構築しよう!です。むろん、サッカーのお話で他競技に応用できるかはわかりません。

for a long time ago....

ぼくはC級ライセンスを獲得しました。で、最近になって更新講習会に参加したよ。そのときにTR1、TR2という言葉を聞いて驚いたのだった。はるか昔にそんな単語を聞いたことがなかった。

WUP→TR1→TR2→GAMEという順番で練習をやろうぜ!というのが恐らくは日本サッカー協会の願いです。そんな願いはしったこっちゃねえぜ、これが私の生きる道だという人が多すぎるのが日本です。そんな我が道を進んでいくと行き止まりだ!というのが日本サッカーの抱え続けている問題なんですが、それはまた別のお話。

僕の勝手なイメージでは、まずはテーマを決める。そのテーマにそって、上記の流れでトレーニングを行うみたいな。TR1とTR2の差はドリルかグローバルか。グローバル×グローバルでも選択肢の数で難易度の調整をするみたいな。

大事なことはテーマが一貫していることです。そんなのはあたりまえじゃないか!!と思いますが、
。トレーニングメニューのテーマがぶつ切りなケースはめちゃくちゃ多いです。特にWUPが適当なケースを多々目撃してきました。これ、いわゆるスクールコーチですらできていない人もいます。自分の雑感では、B級ライセンスを持っている、独自にしっかりと学んでいる人が、これらのことをできるイメージが有ります。むろん、なぜお前がB級ライセンスを持っているのだ!というケースも無茶苦茶多いのですけどね。

テーマの練習をするためにその現象を出てくるようなオーガーナイズをリアリティをもって行うということが、すでにリアリティないじゃんというのはまた別のお話。

で、ここからは僕のお話。僕もこのような流れで考えていたのですが、最近はちょっと変わってきました。いわゆる逆算方式です。

テーマを考えるのが最初です。でも、同時に最後のゲームをどのようにしたいかを考えるのが最近は先になりました。最後のゲームは好きにやってもいいよが日出処の特徴です。それでは何のためのトレーニングなんだ!というわけで、ここをがっつり重視しています。

というわけで、みなさんも考えてみましょう。どんなゲームにしたいか。

覇気のあるゲームにしたいというのも全然有りです。覇気が高まるを具体的なプレーに落とし込み、そのプレーが頻発するトレーニングメニューを考えればOKです。

身体の向きがテーマでもOKです。どのような身体の向きが正しいかを具体的にし、それが頻発するトレーニングメニューを組む。そしてゲーム中はボールを受けるたびに身体の向きと連呼していれば、嫌でも意識してプレーします。これを無意識状態にまで持っていければ、あなたの勝ちです。

というわけで、広告を消すための更新は終了します。

来週から本館のほうが再スタートします。そちらもよろしく!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/27-dd103c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。