サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィッセル神戸対ガンバ大阪の雑感

らいかーると「さて、今回はJリーグの試合の雑感を話し合うのコーナーだ。」

てんかーて「なぜ本館でやらないのかを最初に説明してもらおうか。」

らいかーると「両チームの情報が少なすぎるからだ。ぼくは自分の目で観たものしか信じないから、他の人の試合レポを観て、それをさも自分が観てきたかのように書くのが嫌いなんだ。なお、別に特定の誰かを指しているわけではないぞ」

てんかーて「確かに憶測でこれはヴィッセル神戸対策です!って書くわけにもいかないからね。パトリックが右サイドに流れに流れていた。それはヴィッセル神戸の短所と繋がっていたけれど、パトリックが得意としているプレーだったという可能性もある。それを断言するにはパトリックという選手を把握していなければならない。」

らいかーると「まあ、そういうことだね。適当なことは書きたくない。で、適当なことをそれでも書くときはこちらを利用すると。」

てんかーて「では、早速行こうか。ずいぶんと点差がついてしまったけれど、その要因はなんだと思う?」

らいかーると「点差がついたことはたまたまだと思うよ。宇佐美もラッキーだったと自分のゴールを振り返っていたけれど、そういうことはある。ただ、昨日の試合への取り組み方を観ていると、ガンバ大阪が勝つべきだったとは思うけどね。」

てんかーて「なるほど。試合への取り組み方というのはどういう意味だい??」

らいかーると「ヴィッセル神戸は愚直に中央突破を繰り返していた。おそらくそれが自分たちの最大の武器なんだと思う。で、その解釈も間違っていない。ガンバ大阪が中央を固めているのにもかかわらず、中央から強引にフィニッシュに近い場面を何度も作ることができていた。ゴールは生まれなかったけれど、相手が守りを固めている部分を強引にこじ開ける可能性みたいなのは感じたよ。ただ、それってあまりに非効率だし、相手を観てサッカーしているのか??っていうと、微妙なんだよね。」

てんかーて「セットプレーからの失点も多かったからね。良いキッカーがいると、ヴィッセル神戸のセットプレーの守備はちょっとやばそうだね。」

らいかーると「ヴィッセル神戸で印象に残っているのは、川崎フロンターレ戦なんだよね。相手の良さを消すためにボールを保持すべきだって提案は素晴らしかったと思う。この試合でもボールを保持しているときは神戸の流れになるんだよ。でもね、暑いんだよね日本。暑すぎるんだよね日本。だから、ボールを奪われた後のネガティブトランジションで後手を踏む場面が目立つようになってきたんだ。また、相手から一秒でも早くボールを奪い返すハイプレッシングもコンパクトさがなくなってきた。そうなると、相手にボールを渡すことになるし、カウンターをくらう回数も増えていく。」

てんかーて「中二日だったよね、確か。そういう過密日程の影響も考えられるんだろうけどね。わかりやすくいうと、ヴィッセル神戸は自分たちのサッカーを出来る仕組みはある。でも、気候的にそれがきつくなってきていると。そのときに自分たちのサッカー以外で相手に対抗する必要があるんだけど、それらの強度が残念ながらない」

らいかーると「さらに、セットプレーの守備が弱いとなると、これはまずいね。マンツーとゾーンを上手くミックスさせれば、頭数は揃っていると思うんだけどね。あとは中央突破に伴うSHの帰陣の遅さかな。小川が岡崎仕事がんばっているんだけど。ペドロ・ジュニオールは間に合わないからね。」

てんかーて「ヴィッセル神戸の狙い所はなんとなくわかってきたね。では、ガンバ大阪はどう?」

らいかーると「ヴィッセル神戸に比べると、自分たちの型はないかな。攻撃に関しては速攻も遅攻もいける。どっちが得意かはちょっとわからない。守備は4-4のブロックが基本。4-4-2で守るときはハイプレッシングな雰囲気。FWとMFの間のスペースを支配してから、サイドチェンジを繰り返して選手の距離を引き離していく定石の形が効果的だと思うけどね。」

てんかーて「宇佐美は好調そうだったし、遠藤と今野の中央コンビの役割もしっかりしていたね。SHに走れる選手を配置しているのは象徴的だけど、まあ悪く無いと思うよ。」

らいかーると「きょうはこんなところで、ではまた。」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/32-6706146d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。