サッカーの面白い分析を心がけますZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアカップで日本が負けた総括

らいかーると「さて、アジアカップが終わった」

てんかーて「日本が負けたので、我々のアジアカップも強制的に終了となった」

らいかーると「今回考えることは日本が負けた原因についてだけども。」

てんかーて「あれだけシュートを打って入らなかったんだから、運が悪かったんだよ、お前らはな!!!でいいと思うけどね」

らいかーると「世間ではアンダーカテゴリーがアジアで負けていることと重ねて、このままではまずいぞ!!という声がちらほら聞こえてくるんだけどね。」

てんかーて「PKで負けて終わったってのも何か違う気もするんだけどね。U19もPKでしょ??」

らいかーると「おそらく似たような原因で負けているから、、というのがそれらを同一視する流れを作っているのではないかなと思うよ。」

てんかーて「似たような原因??」

らいかーると「ボールを保持してチャンスを作っているけれど、カウンターやセットプレーで負けるみたいな」

てんかーて「ポゼッションチームが負ける時なんてそれ以外に考えられないんだから、似たような原因になるのなんか当たり前じゃんって思うけど。だって、勝つときはボールを保持して相手をコントロールしてチャンスを決めましたになるわけでしょ。」

らいかーると「確かにそれはそうだね」

てんかーて「負けた内容もそれぞれ違うでしょ。UAE戦に限って言えば、ボールを保持して狙った決定機も作れたけど、得点が入りませんでしたという試合じゃん。他のアンダーカテゴリーは狙った決定機を作れていたかどうかが問題になってくるんじゃないかな。狙った決定機を作れていないならば、アタッキングサードの崩しに問題が有るわけで、フィニッシュに問題があるわけではないし。」

らいかーると「なんか怒っているように感じるから話題をフル代表にしぼろう。UAE戦に負けた原因はなんだと思う?」

てんかーて「最大の要因は交代で入った選手が決定機で外してしまったからにつきるよ。柴崎が仕事をしたのに対して、他の2人はちょっとどうしようもなかったね。特に武藤は周りも見えていなかったと思うよ」

らいかーると「それだけ??」

てんかーて「あの試合に限って言えば、それだけ」

らいかーると「中二日の法則については??」

てんかーて「後半に追いついたのに、中二日の法則もクソもないでしょ。疲れていない序盤に失点してしまったことを疲れのせいにするのは、論理的に意味がわからない。トランジションの連続みたいな疲労する試合なら中二日の法則も発動すると思うけど、あれだけボールを保持できれば関係ないと思うよ。」

らいかーると「集中力がなかったという声もあるけれど」

てんかーて「本人たちがそう言っているならそうなんじゃない?第三者の目からはメンタルや集中力や気持ちは目に見えないから、それを原因にするのはたちのわるい冗談だと思うよ。もしかしたら、目に見えているのかもしれないけどね。」

らいかーると「守備面は明らかなので、攻撃面で日本がもっと改善すべきことって何かあるかな??」

てんかーて「サイド攻撃だろうね。」

らいかーると「それは原口みたいな選手を起用しろってこと??」

てんかーて「違う。サイドを起点にして、味方と協力して攻撃を組み立てていくってこと。ワールドカップからそうなんだけど、日本のサイド攻撃って単騎特攻がとっても多いんだよね。UAE戦では序盤に酒井高徳がサイドチェンジを受けました、でも一人ぼっちでした、ボールを奪われました、吉田が裏を取られましたって場面があったじゃん。普通は本田がボールを受けました、酒井高徳が本田を追い越しましたで、さあどうするなんだよね。」

らいかーると「まあ確かに、武藤を出したけれど、長友とcombinationができていたかというと微妙だったね。」

てんかーて「武藤はFWの選手だし、準備期間を考えればしょうがないと思うよ。ただ、サイド攻撃はもっとパターン化すべきだと思う。」

らいかーると「ボールを受ける。後方からボールホルダーを追い越す。ライン際を走るか、インナーラップか。基本はこのパターンだよね」

てんかーて「あとは選手の役割をぼかす。FWがサイドに流れてきてもいいし、インサイドハーフがインナーラップをしてもいい。ひとまず、ここを単騎特攻の形から卒業しないといけない。味方の動きに合わせて、ボールホルダーがアイディアを発揮すればいいし、相手が動いたら発生したスペースを利用すればいい。」

らいかーると「というわけで、様々なサイドアタックに注目してみようということで、終わり」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josepgualdiola.blog.fc2.com/tb.php/37-9b01f330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。